韓国外交部「明日の日本閣議は10時頃」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では(韓国でも)、「やっと米国が仲裁に乗り出した」「米国が日本を叱ってくれる」などの趣旨を書いた記事が増えています。

しかし、韓国外交部は「そういう動きはある」としながらも、「米国が仲裁という言葉を使ったことは無い」としています。

また、明日のホワイトリスト除外は、早ければ10時頃になり、もし除外が決定されるなら、韓国政府もその直後に対処などを発表することになるだろう、とのことです。聯合ニュースから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<チョ・セヨン外交部第1次官は1日、日本が韓国を戦略物資輸出審査優待国(ホワイトリスト国家)の対象から除外する可能性について、「現時点ではそう見るべきだ」と話した。

チョ次官は、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、このよう明らかにした後、「日本の閣議決定は何時に予想されるのか」という質問に、「午前10時を推測する」と答えた。

チョ次官はまた、「米国が『仲裁』という言葉は使わないものの、円満に事態が解決されることを願って努力している」、「それでも日本がなかなか立場を曲げないでいると見る」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190801164022478

 

とりあえず、明日の10時頃にフォーマルスーツ姿で待機してみます。

ただ、10時というのは閣議が始まる時間の可能性もあるので、もっと遅くなる可能性もあるでしょう。

引用した部分には無いけど、「(ホワイトリスト除外が決まると)韓国政府もすぐに対応策を発表する」としています。どんな対処なのか、そちらの方も気になります。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5