韓国外交部長官、外相会談でGSOMIAの再検討を示唆

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今日、日韓外相会談がありました。本ブログとしては、やはり2~3回エントリーしたGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)関連情報を紹介します。

誤訳記事の可能性もあるものの、一部の記事で米国が仲介の意を示したという報道もあるし、直近に北朝鮮もまた「GSOMIAやめろ」と主張していたので・・米国と北朝鮮の相性の悪さを考えると、さすがに外相会談でGSOMIA関連の話はしないだろう、とシンシアリーは思っていました。

でも、カン・ギョンファ外交部長官、しっかりと示唆したとのことです。聯合ニュースです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<カン・ギョンファ外交部長官と河野太郞・日本外相が1日午前、タイのバンコクで、日本政府の「ホワイトリスト」から韓国を除外する措置などで会談したが、お互いの立場の違いだけを確認して終わった・・

 

・・日本が韓国をホワイトリストから排除する場合、韓国政府の対応カードのひとつとして挙げられる韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の議論も、この日の会談で扱われた。

カン長官は「明日の(※韓国除外の)閣議決定が出たら、私たちとしても、必要な対応措置を講じざるを得ない」、「日本の輸出規制が安保上の理由から取られたものなら、私たちもいくつかの韓日安保の枠組みを検討するしかない」と明らかにした。

これは、ホワイトリスト除外措置が2日決定された場合、GSOMIAの中断を検討することもあるという趣旨だと解釈される・・>

https://news.v.daum.net/v/20190801134100043

 

ここまで言っておいて、明日予定通り韓国がホワイトリストから除外されて・・そしてGSOMIAも普通に延長となると、韓国政府は他でもない韓国内からの非難にさらされることでしょう。

文大統領、そんなことを甘受する自信があるのでしょうか。

 

 

あと、韓国で勤務している日本経済新聞の特派員さんが行方不明だとの話がありました。「疲れた」という趣旨のメモを残して行方不明になり、同僚の方が警察に知らせた、という内容でした。

抗日に燃え上がっている韓国の雰囲気的に、何かあってはならない事件でもあったのではないか・・と心配でしたが、幸い、本人が日本の本社に電話連絡をし、無事が確認されたとのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190801141440169

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5