大統領府首席秘書官「日本の閣僚たちは、常習的に嘘をつく」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国大統領府の「国民疎通」という分野の首席秘書官が、『日本の閣僚たちは休みもせず嘘をついている』と主張しました。「休みもせず」は意訳すると「息をするように」にもできるので、どっかでよく見た表現(日韓が逆ですが)となります。

SNS投稿とはいえ、普通、こういうのは「私が知っているのと違う」とか「こちらとは事実関係の認識が合わない」というふうに、遠回しに表現するものですが。

ニュース1の記事から、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ユン・ドハン国民疎通首席は3日、佐藤正久・日本外務省副大臣がムン・ジェイン大統領を非難したことについて、「次官級人事が相手国首脳に向けて暴言を吐き出している」と批判した・・

・・佐藤副大臣は2日、BSフジ番組に出演、ムン大統領の国務会議(※韓国の閣議)の冒頭発言と関連し、「品位の無い言葉を使い、異常だ」と述べた。

ユン首席は「ドア大統領の昨日の閣議の冒頭発言について佐藤副大臣が失礼な非難をしたという報道がある」、「日本の無道さがますます度を増している」と批判した。

ユン首席はまた、世耕弘成経済産業相の発言にも批判を続けた・・

 

・・ユン首席は「日本政府が北朝鮮の核・ミサイル開発に利用される戦略物資統制の義務を放棄してきた」という内容の記事リンクを上げ、反論した。

それとともに「日本の官僚たちの嘘は休まず続いている」と最近、日本側の主張を伝えた。

また、「先月、私たちの代表団が日本経済産業省を訪問し、輸出規制の撤回を要求したが、日本側は撤回要求がなかったと主張している」とし「また、米国が現在の状況をこれ以上悪化させないためにstandstill agreement(追加措置をしない、スタンドスティル)提案をしたのに、日本側はそんな事実はないと主張している」と述べた。

ユン首席はこのような日本の主張に対して「繰り返される嘘に、常習性を認めざるを得ない」、「輸出規制の理由についても毎日のように言葉を変えているので、別に驚くべきことでもない」と批判した。

最後に「日本官僚たちの『非道と常習の嘘』を考慮したとき、今日の事態がなぜ早期に妥結されず、ここまで来たのかわかる」と付け加えた>

https://news.v.daum.net/v/20190803211932430

 

SNS投稿とはいえ、大統領府の首席秘書官が韓国側の「記事リンク」で反論するというのも気になるところです。

また、記事にもよります。米国務部自ら「スタンドスティル協定は無い」と話した、という記事もありましたので。

文大統領の冒頭発言も、どことなく『宣戦布告』みたいな感じだ・・と書きましたが、ユン首席の発言も、この前のチョ・グック首席の発言も、どことなく「戦時」の国民扇動のように見えます。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!

昨日は、日本橋のコレド日本橋の書店にお邪魔しました。書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

2+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5