米国務部「仲裁は無い。スタンド・スティル協定なども無い」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

7月31日あたりから、ロイターなど一部のマスコミが「米国が仲裁を言い出した」とか「スタンド・スティル(しばらく追加措置なしに現状を維持する)協定を提案した」などの記事を出していましたが、

米国務部が「仲裁や調整はしない」「スタンドスティル協定などは無い」と明らかにしたことがわかりました。ただ、「話し合いを促したい」という意も示した、とのことです(どちらかというと、話し合いを促したいという趣旨を「言わない」ほうが不自然な気もしますが)。

ノーカットニュース(CBS)の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・米国務省は2日(現地時間)タイ・バンコクで行われた米国務省高官たちのマスコミ背景ブリーフィング録音記録を公開したが、録音記録によると、国務省高官は「(韓日)外相が会話をしているし、米国は仲裁や調整には関心がない」と述べた。この当局者は「韓国と日本の間の問題であり、このようなことが起こったのも初めてではない」とし、仲裁の可能性を一蹴した。

彼はしかし、「今回のことのタイミングは良くないし、我々はこの問題をすぐに解決する必要がある。追加措置を取る必要はないだろう」と、紛争を止め、両国が時間を持つべきだと強調した・・

 

・・この当局者は「紛争停止協定(standstill agreement)のようなものはない」とし「ただし、この場合、より時間を持って見守ることが役に立つだろう」と述べた・・

・・米国が仲裁に出ないとしながらも、両国間の対話を促進するという立場をとる理由は、韓日の葛藤が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄につながる場合、米国の安全保障の利益、特に北朝鮮との非核化交渉にも悪影響を与える可能性が高いからである・・>

https://news.v.daum.net/v/20190803114500551

 

 

相変わらず、「GSOMIAで米国を動かすことができる」としている韓国でした。早めに「GSOMIA破棄など考えていない」とした日本。この場合にGSOMIAが破棄されると、その責任がどちらにあるのかは一目瞭然ですが・・

それでも文在寅政府がGSOMIAを破棄しようとするのは、「いい機会」だと思っているから、ではないでしょうか。

 

もし1年前にGSOMIAを破棄したとすると、保守勢力を中心に「文在寅のせいだ」「文在寅はパルゲンイ(共産主義者)」という流れになったでしょう。文大統領を支持する人たちも、動揺したはずです。

でも、いまなら、圧倒的に「日本のせいだ」になります。韓国社会ですから。国民は間違いなくそう思い込みます。だから、文政府も「いい機会だ」と思っているのではないでしょうか。

 

このパターンは別の分野にも適用できます。これからは、経済問題(不景気など)でも、韓国社会は「文在寅のせいだ」ではなく「日本のせいだ」「安倍のせいだ」を叫ぶことになるでしょう。

すごく幸せな顔で、光を失った瞳で。

 

 

 

昨日、新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!

昨日は、は日本橋のコレド日本橋の書店にお邪魔しました。書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

1+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5