韓国紙「日本の急所は放射能だ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、韓国の反日思想にとって「放射能」ほど相性の良いネタも無いでしょう。韓国の反日は、単に日本が嫌いだというだけではありません。日本という存在を徹底的に貶めないと気がすまない、それが韓国の反日ですから。

そのための「世界から忌避される日本」たるバカバカしいイメージを作り出すために、放射能ネタはピッタリです。

韓国紙マネートゥデーが、『日本の急所は放射能・・与党内では東京旅行自制令も』という記事で、「文在寅大統領が(2日の国務会議冒頭発言で)指摘したのは、他でもないこの放射能のことだ」という分析を載せました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ムン・ジェイン大統領が2日、日本のホワイトリスト排除措置による対抗戦略として、「日本観光、食品、廃棄物分野の安全対策の強化」を明らかにしたのは、放射能問題を前面に出したいという意図だと解釈される。与党内では、2020年東京オリンピックを控えて放射能検査が先行されなければならないという主張も出ている・・

 

・・日本産食品の検疫強化措置も断行できる。政府は、2013年から福島近く8県の海域でとれた28個の魚種の輸入を禁止している。福島産水産物に加え、農産物も輸入禁止品目にした場合、東京オリンピックで福島産の農水産物を積極的に活用するという日本政府の計画に支障を来たすことができる・・

・・与党では東京旅行自制令を主張する声も出ている。イ・ソクヒョン共に民主党議員は2日、自分のフェイスブックに「東京を含めて、日本を旅行自制地域と宣言し、日本産食品検疫は全数調査で強化しなければならない」とし「日本産工業製品も安全検査を強化し、国際環境団体と韓国の市民団体が連帯して東京オリンピック放射能検証キャンペーンをしなければならない」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190804144911329?d=y

 

「大統領の意図」が放射能(脳?)だという指摘は、合ってるでしょう。なぜなら、福島水産物の件も、オリンピック開催地に東京が選ばれるのを恐れての措置でした。当時の海洋水産部ユン・ジンスク長官が、『データによるものではなかった』と認めています。

・(水産物の輸入禁止措置を何故あんなに急いだのかということに関して)「日本が汚染水を外に流すとは思わなかった。あのように非道徳的なガキどもを相手に、外交でカバーしないといけないのかなって気もするし、どうせなら早めに輸入禁止措置をやった」

・「食薬処(食品医薬安全処)は、データに異常がないのにどうするんですかという立場だったが、このままでは私たちの漁師たちが死にそうだと考えて、強くドライブをかけた」

https://news.v.daum.net/v/20130930155708668

今回も、表向きには経済報復が~とか言ってるけど、もし貿易関連で日本の措置が無かったとしても、韓国は同じく「放射能が~」と言い出したはずです。大統領も、そう言いたかったのを、迂回的に表現したのでしょう。大統領が変わっても、反日は変わりませんから・・新刊のメインテーマでもありますが。

本当に放射能が心配なら、いまごろ「オリンピックに選手団を送るわけにはいかない」と言っているはずです。

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!

発売日(8月2日)の書店めぐり、今回は日本橋のコレド日本橋の書店にお邪魔しました。書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5