ポンペオ長官「日本の立場をよくわかっている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

3日、バンコクで日米韓の会談が開かれました。ですが、その前日、日米でも会談があり、その場で米国のポンペイオ国務長官が「日本の立場を理解している」「韓国にGSOMIA更新(延長)を要求する」と話した、とのことです。

元ソースはNHKですが、本エントリーは韓国のニューシースの記事をソースとします。

元ソースになるNHKの記事は、こちらになります

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<マイク・ポンペイオ米国国務長官が、日本の韓国への輸出規制措置について理解を示したと5日、NHKが報道した。

NHKによると、ポンペイオ長官と河野太郎、日本外相は、日米韓3国の外相会談前日の2日、タイ・バンコクで通訳だけが同席した会談を行った。

この席で、河野外相は韓国を輸出優遇制度であるホワイトリストから排除した措置と徴用工問題に対する立場を説明した。これに対しポンペイオ長官は、日本の立場はよくわかっていると理解を示した、というものである。

また、ポンペイオ長官は今月24日に終了となる韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)について、韓国に更新を要求するという意を河野外相に表明したとNHKは伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190805070145922?d=y

 

1つ「繋げて」考えたいのは、3日の会談で、韓国のカン・ギョンファ外交部長官が「GSOMIA再検討の話を持ち出した」というニュースです。

3日の日米韓会談の前に、ポンペイオ長官が日本とだけ会談を行ったとは思えません。会談とまでは言えないものでも、韓国側とも事前に接触し、ある程度は話をしておいたはずです。

2日に日本に対して「韓国にGSOMIA更新を要求する」としたポンペイオ長官。

3日にポンペイオ長官の前でGSOMIA再検討を持ち出したカン・ギョンファ長官。

この「ズレ」の結果がどうなるのか、とりあえず24日(GSOMIA更新の期限)が注目されます。

余談ですが、ニューシースの記事のコメント欄では、「ニューシスは安倍のスポークスマンだ。日本の無茶な主張だけ広げてやがる」というコメントが3番目に多い支持(賛成)を得ていました。

 

 

 

※お知らせその1・・素朴すぎる気もしますが「いいね(曇るね)」が復活しました。いまのところ、ちゃんと機能しているようです。

前とは別のプラグイン(スマホで言うアプリみたいなもの)で、残念ながらいままでの「いいね」は無効となってしまいました。

前のプラグインには、皆さんが押してくださった31万7501回の「いいね」記録がそのまま残っています。さすがに消すことはできず、「停止」モードのまま宝物にするつもりです。

※お知らせその2・・

RSSがうまく機能しないというコメントがあったので、プラグインを変えたりいろいろ改良してみましたが、ちゃんと出来たのか自信はありません。

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!発売日(8月2日)の書店めぐり、今回は日本橋のコレド日本橋の書店にお邪魔しました。書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5