文在寅政府、「国民感情に反する公職者の発言」を無期限・集中観察

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

朴正煕氏(およびその関連者)を独裁ー独裁-とあんなに熱心に叫んできた文在寅政府ですが・・

今回の「日本との経済戦争(?)」で「国民感情に反する」公職者の発言を集中的に観察すると発表しました。無期限だそうです。

東亜日報の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本の2次経済報復(※韓国グループB行き)で韓日経済全面戦争の懸念が高まっている中、青瓦台(※大統領府)が大々的な公職規律取り締まりに出た。しかし、大統領府は公務員の言動に対する厳断方針を明らかにしたことをめぐり、事実上、対日対応に関する批判を遮断するためではないかという指摘が出ている。

キム・ジョウォン大統領民政首席秘書官は5日午前開かれた公職規律協議体会議の結果についてのプレスリリースで、「公職社会の綱紀の弛緩を遮断するために機関別役割分担に応じ、特別監察を実施することにした」と明らかにした。キム首席は「最近、日本が韓国をホワイトリストから除外するなど、輸出規制を敢行することにより、これに対して政府全体で総力対応している重大な時期」とし「各政府機関は、核心国政課題の推進など本来の任務にさらに邁進しなければならないのに、一部の公職者は、引き受けた業務をおろそかにしたり、先送りするなど規律の弛緩が発生するおそれがある」と述べた・・

 

・・青瓦台の関係者は、「今回の監察は、特に期間が決まっていない」とし「日本の経済報復が続く限り、観察も続くと見られる」と語った。事実上、無期限監察を予告したものである・・

・・キム首席が「国民感情に反する言動など公職者の深刻な品位毀損に対しても厳正に措置する」と明らかにしたことをめぐり、やりすぎではないかという懸念が出ている。青瓦台が、与党側の気流に反する一部の公職者の言動を事前に封鎖することにより、政局の主導権を握っていくための布石という解釈も出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190806030130889

いろいろすごい内容ですが、「国民感情に反する=品位が無い」というくだりが特に凄いですね。悪い意味で。

本当、朴正煕氏の独裁者としての部分・・・いや、その前に、李承晩氏の「一民主義(別の意見を出してはならない)」とそっくりです。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5