泣訴

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「泣訴」。韓国ではウプソ(泣訴)と言いますが・・最近は耳にしたこともあまり無いこの言葉が、韓国の「韓国経済」紙に載りました。

日本の自治体が、韓国の航空会社を訪れて泣訴した、というのです。

「日 自治体、韓 航空社訪れて泣訴・・『路線減縮しないで維持して』」という記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の地方自治団体が、韓国の低コスト航空会社(LCC)を訪れて韓日航空路線の維持を相次いで要求している。日本の経済報復措置に反発した韓国人が日本旅行をキャンセルしながら、日本の地域経済が打撃を受けているからだ。

6日、航空業界によると、日本香川県高松市と鳥取県米子市、富山県の公務員たちが、先月、それぞれエアソウル本社を訪れた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190806181102155?d=y

 

記事のどこにも、「泣訴した」と受け取れる内容はありません。むしろ、普通の対応じゃないかな・・な気もします。じゃ、なんで泣訴と書いたのでしょうか。「この程度の内容で、マスコミが泣訴という言葉を使うか?」。

その理由は、この記事そのものが「泣訴」だからです。

 

韓国では、他にも「日本旅行中止は安倍政権への致命打になる」「日本不買運動に日本各企業が恐れをなしている」など(これらの記事の題はうろ覚えですが)、韓国では「日本不買(日本旅行をやめることも含めて)」が、もはや聖域になっています。

「日本不買のようなやり方はやめろ」な意見だけでなく、「実際に日本側に与えられるダメージはそう大きくない」という意見すらも、袋叩きにされます。不敬罪みたいなものですね。

そんな雰囲気の中、韓国経済のこの記事もまた「日本不買(旅行含め)は、こんなにも日本にダメージを与えている」というアピールがしたかったのでしょう。

そう考えると、この記事そのものが、韓国社会、韓国の国民感情に対する「泣訴」ではないでしょうか。『迎合』という名の。

書いた人たちにその自覚があったかどうかはわかりませんが。

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5