韓国大統領諮問委員会「日本が輸出規制したのは、韓国が凄いから」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「韓国が凄いから、日本が怖気づいて韓国を潰そうとしている」という意見。

前から個人(ネチズンなど)中心でそんな話をする人はいましたが、なんと大統領直属の委員会で、まったく同じの報告書を作成、文在寅大統領に報告したことがわかりました。

どういうことが書いてあるのか、聯合ニュースの記事から該当部分だけ引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<大統領直属機関である国民経済諮問会議のイ・ジェミン副議長は8日、韓日国交正常化以来、経済の各分野で日本を追い越す韓国を以前の状態に戻そうと、日本が韓国の輸出規制措置を取ったという分析を出した。

イ副議長はこの日の午前、ムン・ジェイン大統領主宰で開かれた国民経済諮問会議の全体会議で、日本が韓国をホワイトリストから排除した原因を「安倍の日本は意図していない結果をもとに戻そうとしている」と述べた。

 

彼は、「韓国は第2次世界大戦後の世界的な自由貿易秩序にすぐに便乗することで、発展途上国の中で、先進国に変身した唯一の国になった」、「そうできたのには、1965年の韓日国交正常化がある程度は役に立ったのも事実であり、当時の日本当局者は、韓日間の垂直分業体制を作り、それを持続するという意図を持っていた」と説明した。

彼は「韓国はその後、多くの分野で日本に追いつき追い越すことができた。日本は自由貿易秩序に適応し生きなければならない立場で韓国がそうなることを防ぐことができなかった」、「日本の当局者の観点から見ると、意図していない結果だ」と言及した。

過去の経済的な依存関係を脱皮している韓国に対する警戒心と危機感のせいで、日本の安倍晋三政権が自由貿易に反する非常識で無理な手を使ってきた、という認識であるわけだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190808133905215

現役大統領の諮問委員会がネチズンと同レベルで、これどうすんの・・・としか思えませんでした。

本当にいろいろな内容を読んだり書いたりしてきましたが、さすがにちょっと唖然としました。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5