韓国、日本に「報復」・・日本からの石炭灰輸入を全数検査

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が日本から輸入する石炭灰の放射能・重金属を全数検査すると発表しました。韓国政府で誰かが(詳しくは覚えていません)「石炭灰輸入を止めると日本はものすごく困る」と言い出して、ハンギョレなど一部の左派寄りメディアから記事にして盛り上げたこともあります。

日本の石炭灰の多くは韓国に輸出される、と言われています。

まず、YTNのニュースから引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

政府が日本産石炭灰廃棄物について放射能と重金属を全数検査するなどの輸入管理を強化すると発表しました。日本の経済報復への対応措置として解釈されます・・

・・環境部が「汚染の懸念が持続して提起されている輸入石炭灰について、輸入通関時の環境安全管理手順を強化する計画だ」と明らかにしました。環境部は、輸入廃棄物の安全管理強化のためだと述べたものの、事実上、日本経済報復の対抗として解釈されます。政府は、先に日本が韓国をホワイトリストから除外したことの対抗策として、廃棄物の管理強化を取り出したことがあります・・>

https://news.v.daum.net/v/20190808220413782

 

確かに、石炭灰を韓国に輸出していた日本の会社の方々には大きな「迷惑」です。日本としても、日本国内で処理するより韓国に売ったほうがいいでしょうし、だからこそ輸出というパターンが成立していたはずです。

でも、韓国以外に売り先が無いのでしょうか。日本国内での処理も出来ないわけではありませんし・・

 

それに、記事には無く、別の記事からの情報ですが・・「なんで韓国は石炭灰を買っていたのか」を考えてみる必要があります。

もっとも大きな理由は、石炭灰はセメントの主要原料だからです。

<・・石炭灰は、火力発電所で石炭を燃焼した後に残る灰で、石灰石とともに、セメント生産に必要な必須の原料だ。過去には、天然原料である粘土を使ってセメントを生産したが、1990年代に入って、政府が環境破壊を理由に、天然資源の鉱山開発を抑制した後、粘土の代わりに石炭灰を使用するようになった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190809060210014

この記事では「全数検査」としており、全数検査に1ヶ月はかかるのではないか、とも。

 

2018年基準で、韓国の国内石炭灰使用量は約186万トン。日本から輸入してきた量は126万トン。tあたり5~6万ウォン(5000~6000円)だそうです。

2日前の記事ですが、こんな内容があります。

<・・韓国セメント協会関係者は「現在、業界で使用される石炭灰の中で、日本産の割合が40%で、輸入が中断されれば約2000万トン近くのセメント生産に支障が発生する恐れがある」、「そうなれば、セメントを日本や中国などから輸入する必要が発生だろう」と述べた。

この関係者は引き続き、「国産で代替も可能だが、需要をすべて満たせないし、東南アジアや米国では、むしろ石炭灰をお金を出して買おうとする雰囲気が感じられている」、「日本産石炭灰の輸入規制は、むしろ韓国でセメント価格の上昇を巻き起こす恐れがある」・・>

https://news.v.daum.net/v/20190807114135407

 

韓国は、「日本=放射能」のイメージも作れるし経済報復もできるから、石炭灰輸入規制最高!な雰囲気になるかもしれません。多分なるでしょう。

なんだかんだで「建築」は韓国の経済成長で大きなウェイトを占めています。韓国側は「日本企業が破産する」「日本にブーメラン」と言っているものの、今回の石炭灰措置こそが、「結局、困るのは韓国」というオチになる可能性が大きいでしょう。

なんか、1つ前のファン教授の指摘と、まったく同じ流れになってきました。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5