韓国、米国のGSOMIA延長要求を事実上の拒否か?「長官会談では議題でもなかった」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ご存知、GSOMIAは現在、日本は延長、韓国は(破棄と言いたいけど)再検討、米国は延長のスタンスです。

米国のエスパー国防長官が韓国を訪問して「GSOMIA延長して」と話したものの、どうやら韓国側は態度を変えていないようです。

記事のニュアンスからの推測にすぎませんが、米国の延長要求を事実上、拒否したのではないか、と思われます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<訪韓中のマーク・エスパー米国防長官は9日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の継続を韓国側に要請したが、延長の問題で特別な進展を見ることはできなかったようだと、共同通信と日経新聞が報じた。

メディアによると、就任後初めて韓国を訪れたエスパー国防長官はこの日、ムン・ジェイン大統領とチョン・ギョンドゥ国防部長官と協議した。

エスパー国防長官は、韓国で破棄論が浮上しているGSOMIAの延長を勧めたが、これといった言質が得られず、進展はなかったようだと、各新聞は伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190809191539315

 

国防部は「エスパー長官との韓米国防部長官会談で、GSOMIAについては議論しなかった」と、大統領府は「(エスパー長官が文大統領を礼儀訪問した際に)『うまく解決しないといけない』ぐらいの共感を確認しただけで、それ以上の話は無かった」と発表しました。

しかし、エスパー長官が韓国側にGSOMIA延長を要請したようだ、とする報道は読売など複数のマスコミが伝えているし、訪日中にもエスパー長官は安倍総理にGSOMIA延長は重要だと話しています(日本はGSOMIA延長に同意しています)。

「長官会談で議論していない」はずがないと思いますけどねぇ・・・

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5