新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>のご紹介

おかげさまで、また新刊の紹介ができるようになりました。画像は新刊の表紙です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

2019年8月2日発売の、<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>の紹介エントリーです。しばらくは固定表示で迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

確実に望ましき方向に変化しつつある日韓関係の中、韓国では珍しく反日批判が起きています。

「反共」という限られた領域の中で反日政策を批判する人たちもいるし、韓国では明らかに反社会的な内容の反日批判を、社会的に抹殺されるかもしれないリスクを犯してまで持論を展開する人たちもいます。

 

それらの反日批判を読んでいると、妙なことがあります。その「批判」の対象が反日のはずなのに、「反日批判」そのものからも、また別の反日が見えてしまうことです。

敵の敵は味方だともいうけれど、「反日を批判するのは、親日ではない」。その中にはむしろ、別の反日が見えてくる。

まっとうな方法で反日批判を展開している人たち(例えば、自分の専門分野で併合時代の資料を分析し、持論を展開する少数の人たち)もいますし、それらは反日か親日かの二分法で判断すべきものではないでしょう。

しかし、残念なことに、ほとんどの反日批判は、結局は「反日を批判する反日」にとどまってしまっている。それが現状です。

 

本書は決して「だからこそ韓国の反日批判は全てが無意味だ!」と主張しているわけではありません。ただ、反日を批判するスタンスの人たちがなぜ反日という呪縛から自由になれないでいるのか。

本書は、そういう「裏」を、自分なりに書いた本となります。

ぜひぜひ、ご一読を!

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

293+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5