韓国紙「日本が韓国を冷遇したのでGSOMIA破棄の声が高まった」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄が無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

一部の韓国紙が、「防衛白書で日本が韓国を冷遇したので、GSOMIA破棄の声も高くなった」と報道しています。

百歩譲って「安保」だけで考えるとしても、そんなことを言い出すから格下げされる・・という自覚は無いのでしょうか。

1つ前のエントリーと(特に、記事引用の後に私が書いた内容と)そのまま繋がるようで、エントリーしました。ニュース1の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が戦略物資管理友好国リストであるホワイトリストで韓国を除いたことに続き、今年の防衛白書で韓国との安全保障協力を冷遇する姿を見せたことでるに応じて、韓日の軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄の声がさらに強まるものと予想される・・

・・GSOMIAに関し、光復節であり日本の敗戦日の15日に日本に破棄通知を送る必要があるという主張とともに、揺れる韓日関係の中GSOMIAまで廃棄されると、両国関係は手がつけられなくなる破局となるという懸念の声が同時に出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190810125304672

 

オチ(堕ち?)は前のエントリーとまったく同じなのでまた書きたくはありませんが、1つ、書き加えるとすると・・・

北朝鮮から受けた冷遇は、どうでもいいのでしょうか。

 

 

 

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>が発売されました!書店で拙書を見つけるたびに、涙が出そうになります。本当にありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5