韓国、不買運動に「ハローキティ」「ドラえもん」「ポケモン」などが追加

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の日本不買運動サイト「NONO JAPAN」に、今度は韓国でも人気のキャラクターたちが不買運動対象に指定された、とのことです。

記事にはドラえもん、ハローキティ、クレヨンしんちゃん、しまじろうなどが掲載されています。画像は載っていませんが、「ポケモン」も含まれています。

<・・販売代理店の(※日本の)キャラクターのマーケティングにもブレーキがかかった。日本の不買運動がキャラクター領域まで拡大され、日本のキャラクターとのコラボレーションがややもするとブランドイメージの損傷につながる可能性があるからである・・>、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190818133949181?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

なにが面白いのかというと、不買サイトには「代替品」として(多分)韓国産キャラクターたちの名前が書いてありますが・・そのどれも、ドラえもんやポケモンと競争できるほどのものだとは思えません。

ある意味、核心素材を「すぐにでも国産化できる」とする主張と似ていて、思わしくない意味で面白いものです。

 

数々のデモや自己主張に子どもたちを利用するのが韓国社会ですから・・今回はファミリーもの、または子どもたちの間で大人気のキャラクターが主に入っているようです。

でも、もう少しおにいたん・おねえたんたちが好む、日本アニメもターゲットになるでしょう。結構な数のものが、正式輸入され、ケーブルテレビなどで放送されていますから。

韓国はケーブルテレビがものすごく広く普及されている国です。無数のケーブルテレビ局がありますが・・その中には、アニメ専門チャンネルもいくつかあります。日本アニメが無いと、事実上、運営できない会社です。この不買運動でもっともダメージを食らうのは、そちらになるでしょう。

 

同じく、キャラクターもアニメも、結局仕事を失うのは韓国人です。「ポケモンに何の罪があるというのだ」「見たい人が見ればいいのでは」などの話が説得力を持つような国柄でもありませんし・・韓国は。

最後に、いまだ「反日ではなく反安倍」と韓国を擁護する人たちもいますが・・ドラえもんと安倍総理の関連性って何があるのでしょうか。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5