ソウル市、子どもたちに『映画』で歴史(?)教育

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

映画を「歴史の証拠だ」と本気で考えている韓国人が多いのは、目新しいことでもありません。

本ブログで取り上げたもののなかでも特に印象的だったのは、「文化的証拠」という言葉です。「文化的証拠」は、確か、2014年12月、慰安婦捏造映画「鬼郷」の監督が使った言葉で、「日本は証拠が無いというけど、この映画こそが文化的証拠だ」とするものでした。李舜臣や臨時政府などの映画でも、似たような趣旨を話す人たちは結構います。

ソウル市が、またもや慰安婦映画などを、小中学生たちに見せるためにいろいろ支援をしている、とのことです。朝鮮日報日本語版があったので、そのまま引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<2学期が始まってから9月中をめどに、ソウル市教育庁が日本軍慰安婦問題を取り扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」と「キム・ボクトン」を小中高校の児童・生徒や教師らに団体で鑑賞できるようにするなど、韓日対立を巡る契機授業を行う方針を明らかにした。教育庁の予算でソウル市内の映画館を借り受け、無料で映画を見られるようにする・・契機授業とは歴史的な事件や社会的問題などを契機として実施する一種の特別授業だ・・

契機授業には日帝による強制徴用問題、1965年の韓日請求権協定締結、大法院(最高裁)による強制徴用賠償判決などを巡る討論授業なども含まれる・・>

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/19/2019081980021.html

「また映画で…歴史教育を強化するソウル教育庁」という記事です。

 

でも、これって、「映画以外は証拠が無い」という意味でもあるわけでして・・「証拠」「根拠」を求めるのは、人類の大事な大事な「文化」のはずですが。それを満たしていない時点で、文化的証拠も何も無いでしょう。

とにかく、今日も「反日幼年兵」育成に忙しい、韓国社会でありました。

 

 

ツイッターにレナの写真を2枚載せましたので、よかったら見てみてください(ドール写真ですので苦手な方はご注意ください)

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5