韓国、GSOMIA延長を明日発表

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が、GSOMIA延長の可否を明日発表すると明らかにしました。

「やはり延長するのではないか」という予測が多い中、わざわざ「明日発表する」と事前に明らかにしておく意図は何でしょうか。

ニュース1の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の経済報復対応策の一つとして議論された韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)を廃棄するか延長するか、22日に発表される予定である。

韓・米・日軍事同盟が揺れることもあるという憂慮の声が多く、延長される可能性が高いという見通しの中、大統領府は最後まで「戦略的あいまいさ」を維持する姿だ。

GSOMIAは24日までに韓日両国のどちらが拒否の意思を明らかにしなければ、自動的に1年間延長される。

大統領府の関係者は、ニュース1との通話で「まだ結論を出してはいないが、GSOMIA延長の可否については22日に発表を予定している」とし「どこで、誰が発表するかなどの形式は未定の状態」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190821124900644?d=y

 

また出ました。「戦略的あいまいさ」。今回の件だけでなく、どちらかを決めて責任を取りたくないだけでしょう。韓国がいう「戦略的あいまいさ」というのは。

記事にもありますが「延長する可能性が高い」状態ですし、私も個人的に韓国が日本とのGSOMIAを破棄するだろうとは思っていません。

ただ、『あえて』、延長しない可能性について考えてみます。

 

韓国が延長したとすると・・韓国がGSOMIAを言い出したことに、何かいいことがあるのでしょうか。ここでいう「いい」を韓国基準で考えてみても、ここで延長してしまうと何も効果は無い(何も変わらない)だけです。「結局、何だったんだよ」で終わりです。というか、そもそも8月24日までに決めないといけない協定を8月になってから外交カードに使うバカがいますかね。

 

おもいっきり破棄して、日米韓同盟に大きな傷をつけることに成功(?)したとすると、文在寅政権としては相応の成果を出した、と言えましょう。韓国のマスコミも「日本のせいでGSOMIA韓米日共助が崩れた!」と騒ぐネタには出来るかもしれません。

それに、わざわざ「明日発表する」とマスコミに流すのも気になるところです。

文在寅氏がGSOMIAを破棄してもう一つの偉業(悪い意味で)を成し遂げるのか、それとも「やっぱりなんでもないです」と延長に応じるのか。

とりあえず、明日の発表を待ってみます。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5