韓国の市民団体、「反日種族主義」のイ・ヨンフン教授などを、名誉毀損で警察に告発

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

もはやワンパターンな展開になってしまった感もありますが・・「反日種族主義」など、反日思想を強く批判してきたイ・ヨンフン教授が、市民団体によって名誉毀損で告訴されました。

短い記事ですので、本ブログとしては珍しく、全文引用してみます。

記事本文のチュ・オクスン氏は、保守、ニューライト系女性団体で活動中の女性論客で、ジ・マンウォン氏も保守系の論客で、一時は慰安婦の証言に一貫性が無いなどの問題を提起した「メディアウォッチ」の顧問です。

<チュ・オクスン、ママ部隊代表とイ・ヨンフン前ソウル大教授、極右論客ジ・マンウォン氏が、日本軍慰安婦被害者の名誉を毀損の疑いで警察に告発されました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

市民団体愛国国民運動大連合は今日(21日)、彼らをソウルのグロ警察署に告発しました。

この団体は、「娘が慰安婦に連行されても日本を許す」としたチュ代表の過去の発言と、「慰安婦は性奴隷ではない」としたイ教授の発言を問題にしました。

ジ氏は最近、自分のYouTubeチャンネルで「平和の少女像(※慰安婦像)が恥ずかしい」と言って議論を起こしました>

https://news.v.daum.net/v/20190821174730523

 

本件がこれからどう展開するのか、注目したいと思います。

しかし、やはり心配です。

「帝国の慰安婦」の前例もありますし、慰安婦+名誉毀損の組み合わせは、韓国では絶対無敵ですから。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5