韓国、日韓GSOMIA終了へ(※追記しました)

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

(お知らせ)ブログ画面に何か変な英語出てきても驚かないでください!クラウドフレアというサーバー保護システムからのメッセージです。今は解除しました。驚かせてしまって申し訳ございません・・・

 

韓国が日韓GSOMIA終了を宣言しました。

<大統領府は22日、「韓日軍事情報保護協定」(GSOMIA)を延長しないことにした。キム・ユグン青瓦台国家安保室1次長はこの日のブリーフィングで、「政府は、日韓間の「軍事秘密情報の保護に関する協定」(GSOMIA)を終了することを決定し、協定の根拠に基づいて延長通報時限内に外交ルートを通じて日本政府にこれを通報する予定だ」と明らかにした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

キム次長は「政府は、日本政府が去る2日の明確な根拠を提示せずに、韓日間の信頼毀損で安全保障上の問題が発生したという理由を挙げて、輸出貿易管理令別表第3の国家群(ホワイトリスト)から韓国を除き、両国間の安全保障協力の環境に重大な変化をもたらしたものと見る」と述べた。

キム次長は続いて「このような状況では、政府は、安全保障機密軍事情報交流を目的とし締結した協定を持続させることが、私たちの国益に合致しないと判断した」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190822183457837

 

米国のことも考えて、「やはり延長するのでは」「形だけ存続させるのでは」などの予測が多かったですが、結果は、終了(破棄)でした。

しかも、大統領府自ら「日本が韓国をホワイトリストから除外したのが理由だ」とここまではっきり言っています。

 

あと、直接的な関係があるのかはわかりませんが、韓国を訪問中の米国のビーガン代表は、急に日程を変え、明日まで韓国に留まることにしました。

この件、韓国では「明日、北朝鮮んと劇的な米朝間の会談があるからではないか」という希望的観測が多いですが、一部、「夕方の、韓国のGSOMIA発表を見届けるためではないのか」という見方もあります。私もまた、後者だと思っています。

GSOMIAの必要性を強調していたビーガン代表ですが・・・

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5