日本の韓国人教授『日本のマスコミはGSOMIA終了の衝撃を縮小報道している』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では「NO JAPANが日本に致命打を与えつつある」というのが圧倒的な定説です。反論はそのまま売国奴確定コースです。

「そうに違いない」と日本の外の人たちが騒ぐことなのに、なぜか日本内でも「そうに違いない」と騒ぐ人たちもいます。

恵泉女学園大学のイ・ヨンチェ教授が、韓国のラジオ放送で次のように話しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本はとにかく今回のこと(※GSOMIA破棄)について衝撃を受けたのは事実ですが、日本にあまり影響がない、むしろこれは北朝鮮を有利にする、そして韓国が米国を怒らせた、日本に嫌がらせしようとした、韓国が最も損をする国になる、こういう論調であり、できるかぎり衝撃を縮小したがっています・・

・・不買運動でも、日本は最初に縮小報道をしました。韓国政府や官公庁団体が主導しているというふうにしながら、その意味を色あせたものにしようとしました。しかし、長期化し、韓国の全国的な不買運動の熱意が、日本社会にも、インターネットとか、SNSを介して多く伝わり、日本政府も最初は中央政府では無視したものの、地方、福岡とか、大阪、または北海道、多くの全地域に不買運動の影響があるため、日本が実質的に、おそらく韓国に強く出るとしても、最も恐れているのは、第2の不買運動であると思います。これはおそらくブーメランになると思うので、おそらく不買運動に最も困っているだろうと・・>

https://news.v.daum.net/v/20190823200307940

 

「地方の店が困ることはあるだろう、でも、まず見方が間違っている」という趣旨は前にもエントリー(「シャイ・ジャパン」)しましたので省略するとして・・

教授ともあろう人が、GSOMIA破棄を「日本にあまり影響がない、むしろこれは北朝鮮を有利にする、そして韓国が米国を怒らせた、日本に嫌がらせしようとした、韓国が最も損をする国になる」を「無理して縮小しようとしている」と見ている理由は、いったい何でしょうか。

その考えの奥底には、「日本がそう言っているから」という意識があるから、ではないでしょうか。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5