イ・ウヨン氏を「日本極右の『ウリ』」にするための動き

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「今、韓国で起こっていること」でも少しだけ触れましたが、強制徴用というものは存在しなかったと主張している落星台(ナクソンデ)経済研究所のイ・ウヨン(이우연)研究員。

この前、国連で軍艦島関連で「強制徴用はなかった」とする趣旨を説明したこともあります。

そのイ・ウヨン氏のことで、「日本極右勢力から資金提供を受けた」とするニュースがありました。

氏を日本極右の「ウリ」の人間だとし、韓国からすると徹底的に「ナム」にしたいのでしょうか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日帝植民地支配の正当性を強調する「反日種族主義」という本の共同著者であるイ・ウヨン氏が、先月、UN人権理事会で「強制動員はなかった」と発表して議論がおきました。

ところが、YTNの取材結果、イウヨン氏にUNに行こうと提案し、費用まで出したのは、日本の極右団体であることが確認されました。スイスのジュネーブ往復航空運賃と5泊6日滞在費用もすべて負担したことが確認されました・・

・・日本の極右団体が韓国の学者のUN発言を企画して費用まで出したのです・・>

https://news.v.daum.net/v/20190826044609932

 

「研究の結果だ」「学問の自由だ」という言葉を迂回的に潰すため、今回は「極右団体がお金を出した」と言い出したわけです。

しかし、記事で言う極右団体というのは、非政府組織です。その団体が、団体に所属しているわけでもないイ・ウヨン氏に、その学識の価値を見込んで、国連での発言を要請し、そのための費用を負担したこと。これがそんなにおかしなことなのでしょうか。

 

ソース記事『反日種族主義学者の素顔・・日本極右の支援を受けた』は、DAUMだけで9700個以上のコメントが付き、「あいつを叩き殺した人こそが愛国者だ」などのコメントが多くの賛成を得ています。

おなじく反日種族主義のイ・ヨンフン教授は、すでに市民団体から告発された状態です

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5