韓国紙「嫌韓は極右のものだけだと期待していたのに」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ソウル大学で先任研究員であるヨシカタベキ(吉方べき)氏が、ノーカットーニュース(CBS)とのインタビューで次のように話しました。

エントリーの本題はヨシカタ氏の発言ではないので、適当にまとめてみます。

初稿の時にヨシカタさんの名前を誤訳していました。「ふみ」さん情報提供ありがとうございます。また、「先任」研究員は職務に就く前から任務を得ていたとの意味で、専任より地位が高いことが多いそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・安倍を支持しない人たちの中でも嫌韓が広がっている

・韓国を「またトンデモナイこと言ってる」としか見ない日本人が多い

・過去反省を主張する人たちでも「韓国は除外だ」という

・マスコミの問題が大きい(池上彰さんを名指しで批判しています)

・日本社会は「自己責任」という言葉で社会の少数弱者を破壊する。韓国にも自己責任を要求するから嫌韓の雰囲気が広がる

https://news.v.daum.net/v/20190826050309069

 

ヨシカタ氏は「東日本大震災の影響で『みんなで頑張る』が強くなったせいで自己責任も強くなり、それが社会の弱者を破壊するようになった」と、よくわからない主張をしています。そういう点はユニーク(悪い意味で)ですが、全般的には、いわゆる「良心的日本人」の方々がマニュアル的に話す内容です。

本エントリーで本題にしたいのは、そっちではなく、CBS側の反応です。記事は、ヨシカタ氏の「安倍を支持しない人にも嫌韓が多い」という話に、こう反応しています。

「彼(ヨシカタ氏)の話から覗いた日本社会の雰囲気は、予想と期待から大きく外れていた」。

 

予想と期待って何か。

それは、韓国マスコミ及び政治家たちが前々から主張している「嫌韓は極右(安倍総理支持勢力)によるもの」「普通の日本人は韓国が好き」という「予想と期待」です。「邪推と願望」と書いたほうがいい気もしますが。

安倍自民が選挙で勝つことを「日本人は権力に順応するだけだから」という理屈で説明しながら、かろうじて精神の安定を維持してきた韓国。その韓国が「期待」していたものは、「嫌韓は安倍(極右)だけのもの」なわけです。

 

ヨシカタさんの意見の中で同意できるのは、「『韓国がまたトンデモナイこと言い出した』と呆れる世論が広がったこと」だけです。

読売新聞の調査(23~25日)では、韓国をホワイトリストかた除外することに回答者の65%が「支持」、韓国がGSOMIAを破棄したことには83%が「理解できない」と答えました。安倍総理の支持率は58%。

https://news.v.daum.net/v/20190826091439110

韓国の予想と期待は、まさに「予」「期」せぬ出来事たる『現実』にぶつかっているようです。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5