韓国の日本大使館、韓国外交部に「事実に基づいて発表して」と要求

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が日本に対して行う「嫌がらせ」の中でももっともひどいのが、放射能関連です。いつものこと、「日本は放射能で汚染された国」「オリンピックなんか出来ない国」というイメージを世界中に宣伝できるチャンスだからです。

オリンピック開催地選定直前に急に水産物禁輸を決めたのも、そういう動きの一環です。

韓国では、最近、原発処理水(韓国で言う「汚染水」)の件が、日本よりも何倍(私の個人的感想ですが)は話題になっています。中には、「日本が韓国を懲らしめようと、わざと海に流すのではないか」、「その汚染がすぐに韓国周辺に届く。もう終わりだ」という被害妄想に近い意見もあります。

そんな中、韓国の日本大使館が、韓国外交部に「事実に基づいて発表すべきだ」と話しました。韓国外交部は19日、日本大使館に政府質疑書を伝達、日本大使館は今日その答弁を韓国側に返しました。その答弁書でのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本が27日、福島原発汚染水の韓国の問題提起と関連して、事実に基づいて発表してくれと韓国に要求した。

韓国はこれに対し「科学的事実に基づいて合理的懸念を伝えているのだ」と反論した・・

 

・・日本大使館もホームページにこのような事実を公開し、日本政府の検討状況等についての国際会議などで説明し、駐日韓国大使館にも、昨年10月以降4回も説明したと主張した。

また、汚染水の流出の可能性については「汚染された地下水が空気中の安全に影響を与えるレベルに流出していない」としながらIAEA(国際原子力機関)も「公衆の安全が確保されている」と評価したと説明した。

日本は来月4日に外務省が駐日外交団を相手に汚染水処理に関する説明会を開催する予定である。

在韓日本大使館はまた「韓国政府に、本件を含むいくつかの案件と関連して、対外発表は事実に基づいて行われるべきであること、また、韓国政府がとる措置は、科学的根拠に基づいてたものでなければならないということの重要性を強調する」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190827200300874

 

「事実に基づいて」。

本件だけでなく、韓国側の主張のほぼすべてが崩壊する条件でもあります。

日本の放射能が、本当に心配すべき水準であるなら、韓国政府が、1年に700万人以上も韓国人が日本に行くのを放っておいたはずはないでしょう。

韓国も実は知っているはずです。問題ないってことを。でも、それでも韓国は日本への「攻撃」をやめないでしょう。日本は放射能に汚染された国「でなければならない」こと。それが、韓国にとっては事実より大事なことですから。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5