朴槿恵氏、量刑がさらに増えることに

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

更新が遅くなってしまい申し訳ございません。

今日、朴槿恵氏のいわゆる「国政壟断(国政の私有化)」関連で重要とされる、賄賂関連裁判の最高裁判決がありました。

一時、差し戻しだと聞いて「あれ?」と思ったけど、よく読んでみたら「手続き上の問題」で差し戻しただけで、どうやら朴槿恵氏の量刑はさらに増える見込みです。

聯合ニュースの記事から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(※最高裁判決)「原審判決の中で、有罪・無罪の中の有罪部分を破棄し、この部分の事件をソウル高裁に戻す」。

公職選挙法上、大統領の賄賂疑惑は、他の容疑と分離して宣告する必要があるのに、1,2審はそうしなかったからです。

分離宣告されると、2審で受けた懲役25年の量刑がさらに増える可能性があります。

賄賂と他の容疑を合わせ競合犯とされ量刑が多少軽減されるが、別々に判断を受けると、増えることになります・・>

https://news.v.daum.net/v/20190829200123995

 

個人的な意見ではありますが、もしそんな手続き上の問題があったなら、2審のときに指摘があったはずです。

「魔女め、もっと苦しめてやる」な、裁判がもはやただのイジメに見えてしまうのは、私の心が曇っているからでしょうか。

 

 

 

更新が遅くなって申し訳ありません(モノクロ

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5