韓国、26ヶ所の米軍基地の返還を促す

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

米国が、韓国が支払うべき防衛分担金を上げようとしている、というニュースが聞こえてくる中、韓国は米軍が使っている基地の早期返還を推進することにしました。

SBSは、「最近、GSOMIAにまつわる韓米の葛藤と無関係では無い」としています。

盧武鉉大統領ときに、返還すると約束は出来ているものの、様々な事情で返還が遅れている基地のことで、その数は26ヶ所です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・青瓦台(※大統領府)国家安全保障会議は、今日(30日)、龍山(※ヨンサン)基地をはじめ、まだ返還されていない在韓米軍基地26カ所の早期返還を推進することにしたと明らかにした。返してもらうと合意した米軍基地の80ヶ所のうち、これまでに54ヶ所だけ返還されました。

大統領府は、特に環境問題などの理由で返還手続きが進んでいない・・(※地名など略します)・・4カ所も米国と環境協議を早急に進めていくと明らかにしました。

 

大統領府は、今回の措置の理由として環境汚染の深化と地域開発の遅れなど社会経済的困難を挙げていますが、最近の、韓日軍事情報保護協定の終了をめぐる韓米間の微妙な葛藤局面とも関連があるように見えます。

青瓦台の関係者は、「米国と関連するいくつかの問題で、私たちの国益を考慮した意味もある」とし、「同盟は同盟、国益は国益」という最近の青瓦台の基調と無関係でないことを示唆しました。

特に基地汚染除去費用の負担責任を置いて、韓米間の意見の相違があるだけに、防衛費分担金交渉を前にして米国側にメッセージを伝えようという意味もあると見えます。

こうした中、ハリーハリス駐韓米国大使が昨日、予定された国内講演とフォーラム参加をキャンセルして、米国のハンバーガーフランチャイズ店の開店イベントに参加し、微妙な解釈を生んでいます・・>

https://news.v.daum.net/v/20190830203320897

 

米軍基地返還合意は、盧武鉉氏の作品(?)です。でも、肝心の環境汚染関連でどちらが責任を持つのかは完全にスルーしたまま合意してしまい、返還プロセスは遅れています。しかも、軍事基地なのに、単に「急いで返還しろ」というだけではどうにもならないでしょう。兵士たちや物資はどうするのでしょうか。

 

最近の韓国を見ていると、「積弊か、そうじゃないのか」で世の中を見ている気がします。私の言うとおりにすれば積弊を清算できるのに、なんでやらないんだ!と騒ぐけど、いざ「いわゆる積弊」は何の理由も無く、善悪論の悪だけで作られたものではありません。それが存在するには相応の理由があるし、それを善悪論または全肯定・全否定で解決しようとするのは、あまりにも幼稚な発想です。

文大統領が主張している「同盟は同盟、国益は国益」という話もまた、似たようなものです。同盟も国益であり、国益のために同盟が必要だという観点はどこにも無く、ただ「気に入る、気に入らない」で善悪を分けているだけに見えます。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5