「米国は、韓国を日本に餌としてやろうとしている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

北朝鮮の反応、その2です。別ソース(北朝鮮側のソースも別)となります。

前回の労働新聞の主張は、韓国としては、特に文在寅氏を支持するかしないかで、意見が分かれるところです。文在寅大統領だからここまで「抗日」できるんだ!と思っている人もいるでしょうし、文氏を支持しない人たちだと、北朝鮮の言う通りだとすることもあるでしょう。ちなみに、文大統領の支持率は、時期にもよりますが、46~49%あたりです。

今回、「メアリ(『やまびこ』の意味)」と「ウリ民族だけで」など対南宣伝メディアの主張は、韓国とほぼ完全に一致する内容になります。

どんな内容なのか、韓国日報から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・韓米同盟を集中攻撃したのは宣伝媒体である。「メアリ」は、この日『再び現れた韓米同盟の真の姿』で、「アジア太平洋地域を舞台に列強間の覇権競争がさらに激しくなっている昨今、日本という猟犬を上手に利用するためなら、南朝鮮ぐらいは猟犬の餌にやってもも大丈夫だということが、米国の本音である」とし、同日「ウリ民族だけで」は『明らかになった上典(※ご主人さま)の凶心』で、「今からでも気を引き締めて南朝鮮に対する米国の支配と従属を断固排撃しなければならならない」とした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190902160711230

 

この意見は、韓国側とまったく同じです。もちろん、「だから韓米同盟を捨てろ」と言っている北朝鮮と韓国民の反応には、差があるでしょう。でも、「米国が許可すれば日本はいつでも韓国を侵略して植民地にする」という見解は、韓国の衆論であります。

最近の本ブログのエントリーだと、『韓米同盟、第二の桂タフト協約は許さない』がそれに値します。

 

なぜそう思っているのか?それは簡単です。韓国が、日本を「餌」にしたいと思っているからです。

この心理が、いずれ韓米同盟を根こそぎ破壊することになるでしょう。韓国で反共より強いのは反日だけですから。

1960~70年頃から「反日が反米となり韓国を孤立させる」と見通した金日成氏は、なんだかんだで韓国をよく知っている人物だった、と言えるかも知れません。

 

 

 

ちょっと疲れたので、明日はレナと出かけます。写真とか撮るために出かけるわけではないのでふらっと歩くだけですが、更新は夕方まで出来ません

では、明日の夕方にまた(・∀・)ノ

新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。情報ライブミヤネ屋で紹介されたり、話題となっております。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5