韓国総理「GSOMIAと輸出規制を結びつけて解決しよう」→安倍総理「国家間の約束を守ろう」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国を訪問した日韓議員連盟の河村建夫議員が、安倍総理と会って、韓国のイ・ナクヨン総理の提案を伝え、見事に拒否されたとのことです。

韓国がよく使う「妙な単語を使い、下手に同意すると後で『その単語』の裏の意味をぶつけて無理な要求をしてくる」、そんなパターンの提案です。

韓国側が使う「強制労働」「強制徴用」などの言葉に同意してはいけない(下手に同意するといつのまにか『併合時代そのものを違法とする』流れになる)のと、おなじです。

どんな提案なのか、聯合ニュースから引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<イ・ナクヨン総理が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)と輸出規制の問題を一緒に解決しようと日本側に提案したが、安倍晋三日本総理は徴用問題の解決が最優先だとし、これを拒否した。

3日NHKと共同通信など日本メディアによると、2日、韓国でイ・ナクヨン総理に会い帰国した河村建夫韓日議員連盟幹事長(前官房長官)はこの日、安倍総理と首相官邸で会った。

 

河村幹事長はこの席で、安倍総理にイ総理が「GSOMIAが11月に失効となるため、それまで日本の輸出管理問題と結びつけて解決する方法を見つけなければならない」と述べたと伝えた。

これに対して安倍総理は「根幹にある徴用をめぐる問題の解決が最優先である。これは、国と国の約束なので、(韓国が)きちんと守らなければならない。それがすべてだ」と述べた。

悪化した韓日関係を解くための先決課題として韓国側が徴用訴訟問題の解決策を先に提示しなければならないという従来の主張を繰り返しながら、イ首相の提案を事実上拒否したものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20190903180212570

 

韓国語の「結びつけて(묶어서)」は、「同時に」という意味もあります。しかし、2つの事案が因果関係にあるという意味にもなります。

すなわち、韓国は、今までと同じく「GSOMIA破棄は日本の輸出規制(輸出管理)のせいだから、日本が措置を取り消せば韓国も再検討する」と言っただけなのです。

安倍総理は「約束を守れ。それがすべてだ」として、この手に乗らなかったようですが・・残念ながら日韓(韓日)議員連盟は、総会を11月に東京で開催するための調整に入った、とのことです。

 

 

 

※新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~」>、早くも重版が決まりました。重版もいつもより多くの部数となり、嬉しい限りです。情報ライブミヤネ屋で紹介されたり、話題となっております。本当にありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5