韓国消費者はユニクロ不買、韓国メーカーはユニクロ模倣

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では日本不買でユニクロも不買不買と騒がしいですが、『韓国の衣類メーカーはそのユニクロの真似ばかり』という記事がありました。

ユニクロが何か新製品を発売すると、製品のコンセプト、マーケティング、製品を表すキーワードまで、韓国メーカーがユニクロそっくりの製品を相次いで発売するというのです。

聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<消費者の激しい日本の商品の不買運動で、日本のアパレルブランドであるユニクロの売上高が急落したが、国内の衣料品メーカーは、まだユニクロの模倣ばかりだという指摘が提起されている。

これにより、日本の不買運動が国内産業の競争力を強化する契機になることを望む消費者の希望が「空念仏」にとどまるという懸念も高まっている・・>

https://news.v.daum.net/v/20190908060317207

 

素材による製品の特性、マーケティングに使われる単語なども似ている、ということでして。

例えばユニクロが動きやすいというコンセプトで「感嘆パンツ」を出すと、韓国メーカーはまったく同じコンセプトで「嘆声パンツ」を出す、という流れです。

ヒートテックなどの類も同じで、韓国メーカーはいつも模倣する側にある、と。

 

記事はしょっちゅう「日本不買運動は韓国メーカーに大きなチャンスなのに!」という論調です。

反安倍なのか反「日本」なのか、よくわかるくだりでもあります。

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5