狙いは「天気の子」か・・「日本映画を上映すると放火してやる」と脅迫

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

映画(実写)にも関わっていますが、日本アニメの韓国公開に積極的な「メディアキャッスル」という映画社があります。

「君の名は。」の輸入会社もここでしたし、「天気の子」の韓国輸入も、メディアキャッスルが行い、10月から上映を予定しています。

ですが、そのメディアキャッスルに「日本映画を上映すると放火してやる」という脅迫があったことが、明らかになりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本のアニメを輸入しているし、国内映画会社に脅迫電話がかかってきて、警察が捜査に乗り出した・・

・・「メディアキャッスル」という映画会社の「日本映画をかけると(上映すると)事務室に放火してやる」という脅迫電話が最近かかってきたという申告を受けて容疑者を追跡していると10日、明らかにした。

警察関係者は、「誰が脅迫電話をしたのか確認作業を進めている」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190910131708930

 

別ソースによると、Eメールなどによる脅迫もあったようです。そういえばこの会社、韓国資本8:中国資本2で、日本人スタッフを起用してアニメを作ったりもしました。その件で、「日本製だ」とネットで非難され、CEOが「韓国資本が8割なのに日本アニメとはどういうことだ」と声明を出したりしました。

 

この件、私はアニメまたは映画にそれなりの知識を持っている人による脅迫ではないのか・・と思っています。

「天気の子(韓国タイトル『날씨의 아이』)の韓国公開が、確か10月。

今週から韓国はチュソク(秋夕、韓国のお盆)連休に入るため、その際に大手タイトルが上映されます。それが終わった後、今月の末あたりからは、天気の子のマーケティングに入らないといけません。このタイミングで脅迫騒ぎが来ると、会社としてはかなり動きづらくなります。

それに、よりによって「放火」を言い出すとは・・世界中のアニメファンからすると、憤怒しかありません。

 

アニメは、なんだかんだで、「シャイ・ジャパン」の代表的な領域の一つです。ケーブルテレビ局だけでも3~4局が日本アニメを集中的に放送しており、中には日本語のまま(韓国字幕)で放送するところもあります。天気の子を心待ちしている人も決して少なくはないでしょう。

余談ですが、天気の子、十分面白い作品でしたが、個人的には「君の名は。」ほど好きではありませんでした。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5