韓国、日本をWTOに提訴・・「政治的な動機による差別措置」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

既定路線だったとも言えますが、韓国が日本をWTOに提訴しました。「政治的動機による差別措置だ」というのが理由です。

<政府が11日、日本の輸出規制措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴するという剣を、ついに抜いた。日本が7月4日、半導体・ディスプレイの核心素材3品目についての対韓国輸出制限措置を実施してから69日ぶりだ。

産業通商資源部ユ・ミョンフイ通商交渉本部長はこの日、政府、ソウル庁舎でブリーフィングを開き、「政府は、我が国の利益を保護し、政治的目的のために交易を悪用する行為が繰り返されないよう、日本の措置をWTOに提訴することにした」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190911093038322

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今回の提訴には、「ホワイトリスト除外(韓国をグループBにした輸出管理見直し)」は含まれていない、とのことです。

記事は「制度だけ変更されていてまだ具体的ではないため」「これから必要なら追加する」としていますが、ホワイトリスト韓国除外は日本国内の「優待措置の見直し」でしかないので、韓国もさすがに「WTOに提訴しても韓国が不利になるだけ」と判断したのではないでしょうか。

 

この件を「韓国が国内問題を何とかするために反日を利用している」だけで分析するのは、とても危険です。反日は韓国の総意であり、ある一面だけを見ての意見(有名なのが「反日は左派の仕業だ」などの意見)で答えを出し切るのは、不完全すぎます。

ただ、そう思っている私でさえ、「今回の件は、タイミングが露骨すぎるのではないか」と思ってしまいました。ちょうどチョ・グック氏の法務部長官任命が終わって、野党側の反発が本格化する前の段階を狙ったからです。

 

 

 

今日の更新はこれだけになります。夜遅く、ひょっとするとレナスレを書くかもしれませんが、帰りの時間がどうなるかちょっと微妙です。

夜あたりに、気が向いたら覗いてみてください。

(・∀・)ノ

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5