韓国マスコミ、日本の内閣改造で「右翼右翼」と大騒ぎ

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

さっそく、日本の内閣改造に韓国マスコミが食らいつきました。

あまり露骨ではなかったものの、韓国側には「知韓派を起用したり、韓国側から特に強く批判されている人をやめさせるのではないか」と密かに期待する声がありました。そういう儚い(=根拠の無い)希望を抱いていただけに、マスコミもそこそこショックを受けているようです。

韓国の地上波放送、MBCの報道から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本の安倍総理が今日、大規模な改閣(※内閣改造)を断行しました。長官級19人の17人を交換したが、側近と右翼強硬派を大挙起用しました。

過去の歴史を否定、平和憲法の改正など右傾化がさらに深刻になって、韓日関係も厳しさを増すと予想されます。萩生田紘一自民党幹事長代行が文部科学相になりました。安倍に代わって、毎年靖国神社に参拝する側近の中の側近で、日本軍慰安婦の強制性を認めた「河野談話」を卑下し、教科書の修正を主導しています。また、最近では、韓国の経済報復で「北朝鮮関連説」まで主張しました・・

 

・・対韓強硬派と右翼の前面配置も目立ちます。

[河野太郎/外相(今年7月)]「ちょっと待ってください。韓国側の提案は到底受け入れることができません」

韓国に外交欠礼を重ねてきた河野前外相は防衛相になり、GSOMIAなど韓日安保の懸案を引き受けることになりました。

新外相の茂木敏充前経済再生相をはじめ、菅原一秀経済産業相など閣僚19人のうち15人は、日本最大の右翼団体である「日本会議議員懇談会」に名前が載っています。経済報復の先鋒に立った世耕弘成経済産業相は自民党参院幹事長に重用されました。

・・過去の歴史を否定、憲法改正など、さらに右傾化された内閣改造で戦後最悪という韓日関係はさらに険しくなると懸念されます・・>

https://news.v.daum.net/v/20190911201505511

 

鳩山氏を総理に起用(笑)しないかぎり、韓国が肯定的なコメントを出すことは無いでしょう。どうせ誰が◯相になってもとりあえず韓国は文句を言うでしょうし、これでさらに大きく「日本の右翼政権が~」と叫ぶことができるから、ある意味では、韓国は安心しているかもしれません。

あと、記事原文(MBC報道)のことですが・・菅原一秀(すがわらいっしゅう)さんを「スガ『ハ』ラ」と書いているなど、事前にちゃんと調べていないようです。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5