韓国の放送局からの取材(※少しだけ追記しました)

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

一応、報告致します。

韓国の某地上波放送局の某番組が、私を取材することがわかりました。ツイッターで同じ話があったときには(なんか怪しかったので)返事はしませんでしたが、どうやら本物で、扶桑社に取材に行く、とのこと。

※私は、連絡に応じなかったこともあるし、取材には同席しません※

さすがに出版社だけの取材だと、マニュアルな内容しか出てこないと思いますが、どうやら放送局側は私を「日本人のなりすましである可能性は無いのか」なども含めて考えているようです。そう思われるのが当然といえば当然ではありますが・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

事前に相手が本物だと知らなかったとはいえ、取材を拒否すべきだったのか・・については色々考える所もあります。

でも、ちょっと考えた結果、「私は出番無しのほうがやはりよかったんじゃないかな」と今は思っています。なぜなら、いっそのこと、「シンシアリーは日本人のなりすましではないのか」と、疑わしいけど確実な証拠は無い状態が続いたほうが、私としては安心できるのも事実だからです。

複雑ですね。

 

 

また、最近、ツイッターから本のレビューサイトまで、様々なサイトに某放送局から「シンシアリーさんの本についてどう思われますか」な趣旨の質問をするコメントが多いと聞きます。

不本意ながらいろんなところに迷惑をおかけして申し訳ありません。月末までは放送されるそうだから、多分記事にもなるでしょう。後でまた紹介(?)します。

かあちゃん、ついに地上波だよ。

 

※ちょっとだけ追記※

扶桑社の方から連絡がありましたが、午後6時頃に取材が終わり、放送局の人たちも帰ったとのことです。

放送日からしばらくは韓国からのアクセスも遮断したほうがいいのかな・・な気もします。

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5