韓国教授「放射能騒ぎは、反日の道具にすぎない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

福島原発問題の「処理水(韓国では「汚染水」と言います。貯蔵水とする場合もあり、危険性が無いとする人も汚染水という表現を使うことがあるので、悪意のある書き方なのか、それとも普通にこう使っているのかの判断は微妙です)」の件で、韓国政府は相次いで問題を提起し、各マスコミから大きく報道されています。

しかし、極めて一握りではあるものの、原子力、放射能専門家の中には、「反日と科学の乖離がひどい」と指摘する声もあります。結局は潰されたり、無視されたりしますが・・

そんな意見を一つ紹介します。文化日報「日本放射能、反日と科学の乖離」、慶熙(キョンヒ)大学原子力工学科、チョン・ボンジン教授です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・日本外務省は4日、東京駐在22カ国の外交官に1福島第1原発関連で103回目の説明会を開いた。韓国政府の相次ぐ問題提起と無関係ではないだろう

・韓国では、日本放射線関連ニュースが著しく増えた。東京でホットスポット(放射線レベルが高くなっている部分)が発見されたとか、福島吾妻野球場で基準値の2倍に達する空間放射線が測定されたとか、福島放射能汚染水の太平洋に放流するとか、福島産食材を使用と関連し2020東京オリンピックボイコットの話とか

・日本のブロガーが発見したという東京都の4カ所の『ホットスポット(放射能数値が高い場所)』は、文字通り「点」である。ホットスポットを少し外れても放射能は測定されない。東京の空間放射線量は、ソウルより同じか少ない位だ

・福島野球場で部分的に0.5μSv/ hの空間放射線量が測定されたと騒ぎしているが、福島県の空間放射線量もソウルより低い。また、数値に慣れていない人は、旅客機の空間放射線量がそれの10倍になるという点も知っておくといいだろう

 

・福島に貯蔵されている放射能汚染水約105万tのセシウム137の総量は4.2×10の11乗ベクレル(㏃)で、 2011年の事故時の排出量の0.003%程度である。福島原発事故の時も「放射能汚染水が韓国に影響を与える」と騒々しかったが、意味のある影響は認められなかった。いまはその0.003%でここまで大騒ぎをしているわけだ。貯蔵された三重水素の量も1.0×10の15乗㏃、地球上に自然に存在する三重水素の0.014%に過ぎない

・日本が貯蔵水を放流するとも言ったことはない。2015年に策定された5つの案の一つであり、厳格な安全基準で管理される。グリーンピースが提起した福島の放射能汚染水放流に関する報道(※韓国でよく根拠とされています)は、国際ニュースでは検索してもヒットすらしない。韓国のニュースだけに出てくるということを、国民は知っておくべきだろう

・非科学的にこの問題を反日の道具にするなら、国際的に孤立するのは韓国だ。表面上では経済報復と関連、日本政府を糾弾する姿をしているものの、実は反日感情に便乗して、国民に「放射線の恐怖マーケティング」をしているようにしか見えない。国の大恥晒しにならないように気をつけたほうがいいだろう。外交問題にしたいならすればいいだろうが、その前に専門家に聞いてみるのが正道ではないだろうか

https://news.v.daum.net/v/20190906135048163

 

韓国側のマスコミが「根拠」っぽく使っている資料(グリーンピース、ブログ記事)を並べて反論する形になっているのがユニークな記事でした。

普通、放射能記事には多くのコメントが付きますが、この記事には3つしかありません。「強制徴用はあった!事実だ!」という本文と関係ない内容を1人で3つ書いたようです。

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (211)

47 Replies to “韓国教授「放射能騒ぎは、反日の道具にすぎない」”

  1. まあ、トリチウムの垂れ流しが日本の3倍の韓国に言われたくは無いですが、ただ、これに関しては東電が突っ込みどころを与えてる部分もありますね。
    東電は以前アルプスで除去しきれなかったのはトリチウムと言っていましたが、実際は他の核種も除去しきれなかった。
    そこを突っ込まれるとHPに載せていると反論したが、それがわざとかと思うほどわかりにくい形で載せている。
    正直、個人的にはトリチウムだけというのは信用できないです。

  2. >普通、放射能記事には多くのコメントが付きますが、この記事には3つしかありません。

    やはり、見たくないものには目を塞いで無視するんですね・・・で、知らないふりして「放射能がー」「汚染がー」と今後もアピールを続けるんでしょう。
    そのうち海外のどこか有名な専門機関から「韓国の主張には無理がある」と指摘されたら「そんなはずはない」と感情と思い込みを武器に猛抗議?

  3. 学術的姿勢から発言をする人がいて、それを載せる媒体がある。
    それは韓国にとって希望で、それ以上に絶望的な証明ですね。
    いっそ言論統制が完全であったほうが救いがあるというか。

    韓国社会の問題点って、発信する側にもないわけじゃないけど
    基本的にはほとんど受け手側にあるわけで。
    定説が正確かどうかに価値を見出す人間がいないという。

  4. 福島でキャンプ中のアルゼンチン・サモア各ラグビー代表の健闘を祈る
    日本代表の次に頑張れー!アルゼンチンとサモア

    1. 翻訳して読んでみました。同じ人の投稿で、徴用工判決と65年の協定について書いてあるだけで、放射線の問題は無視です。こんな部分がありました。65年協定破棄は北朝鮮のためのようです。文2号が指示しての投稿かな。

      【請求権問題が被害者本人とは「どのような協議もなく””完全かつ最終的には、「解決された1965年の日韓請求権協定文」自体」の反人権性と協定文に対する日本の裁判所の「不誠実な解釈」を指摘し、日朝国交正常化の際、「前例」に悪用されることを知らせ、1965年体制の「終了」と新しい協定に”代替”を真剣に検討、推進しなければならない。】

  5. 論理的思考が苦手のようですね。
    ノーベル賞は夢のまた夢…。

コメントは受け付けていません。