韓国、改善しない賃金未払い・・「雇用主は、賃金未払いを大して問題視しない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

賃金未払い、別に狙って書いているわけではありませんが、1年に1回ずつ取り上げています。良い悪いを離れ、「韓国らしい」という事情がいろいろ含まれている事案ですので。賃金未払いはどこの国にもあるだろうに、なぜそうなるのか、見てみます。

韓国の賃金未払いが、また最高(最悪)を更新しました。10年連続で1兆ウォン超え、2018年1兆6千億ウォン、2019年は7月までで1兆112億ウォン。日本の10倍規模です(日本の場合、ウォンにすると2016年基準で約1440億ウォン)。

2016年に「世界最悪レベル」と呼ばれたこともある韓国の賃金未払いの現状をお伝えします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<仕事をしても、賃金がもらえない労働者には、秋夕(※韓国のお盆)連休がむしろ苦痛である。このような痛みを経験する人の数は想像を超越する。韓国の賃金未払い額は、経済規模が3倍大きい日本に比べて10倍を超える。

15日、雇用労働部によると、今年に入って7月まで未払いされた賃金は、1兆112億ウォンに達する。賃金が未払いされた労働者は、20万6775人(届出件数基準)である。このような傾向で行けば、今年末には賃金未払い額が1兆7300億ウォンに達し、過去最大だった昨年1兆6472億ウォンを越える。政府の努力にも賃金未払い額が減らず、むしろ、毎年増えているという意味だ。

このような数値がどのように深刻なのか、日本と比べてみると簡単に知ることができる。2016年、日本の賃金未払いの労働者は3万5120人、未払い額の規模では127億2138万円水準だった。 100円1110ウォン(9月10日の終値基準)である為替レートで換算するとウォンに1420億ウォン水準だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190915080034019

 

 

この件、「処罰が弱い」「賃金未払いでも会社をやめるのが難しい」、そして、大企業からの下請けで仕事をやってもその大企業がちゃんと代金を支払ってくれない、いわば「会社そのものが、『賃金未払い』」の場合が多い、などなどの理由が挙げられています。

でも、実はもっとも大きな理由は、別にあるという指摘もあります。

2016年、韓国の賃金未払いを「世界最悪の水準」とした京郷新聞の記事は、こう書いています。

 

<・・しかし、これらの要因だけで、日本の10倍に近い韓国の賃金未払い規模を説明するのは難しい。専門家は、労働者の賃金未払いを大した問題だと考えない韓国労働市場の文化に根本的な原因があると指摘する。

勤労監督官は、聯合ニュースに「相当な数の事業主が、景気が悪くなると、従業員に給料をやらなくてもいいという誤った認識を持っている」、「また、会社の事情が悪くないにもかかわらず、意図的に賃金を未払いする事業主もいる」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20160904110057783

そう、結局は「上は下に何をしてもいい」といういつもの構造。

悪い意味での、貴族(両班)文化たる『積弊』なのです。

労働組合が強いところは、逆に、強すぎで問題です。その場合は労働組合が貴族になりますから。上下が入れ替わるだけです。政権みたいに。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (183)

“韓国、改善しない賃金未払い・・「雇用主は、賃金未払いを大して問題視しない」” への83件の返信

  1. 記事では10倍近いとありますが、実際の数字を見ると大体12倍はあります。
    つまり、人口比にして単純に24〜25倍ほどもあるというのが現実です。
    問題提起しているようで実際は印象操作で誤魔化していますね。
    これから問題を解決していくうえでなんの意味もないでしょうに。
    いつも通り気の毒なことです。

  2. >労働者の賃金未払いを大した問題だと考えない韓国労働市場の文化に根本的な原因がある

    専門家がこの程度だからなかなか是正されないんですわ。
    もちろん間違ってはいないけど、韓国労働市場の文化にしか目を向けておらず考察が浅い。

    少し視野を広げるだけで、国内外問わず、労働市場だけでなくジャンルを問わず「約束を守らないこと」「嘘をつくこと」を大した問題だと考えない韓国文化が根底にあることに気がつける。

    的を絞ることで修正をしやすくと考えているのかもしれないが、単にジャンルが多岐にわたるだけでなく国の根底の文化だから根っこの治療なしに労働市場文化だけが約束を守るようになることはない。
    賃金はキチンと支払われるけど偽証罪は多いままなんてことはありえないし、賃金が払われるようになったから偽証罪や約束の反故が減るなんてこともありえないのだから。

  3. 最低賃金が大幅に上げられたことも関係していると思います。

    職にありつけない若者が多いと、事業者は、いつやめてもいいんだよ、仕事が欲しいというものはいくらでもいるからという態度になるのでしょうね。韓国ならありそうで。ただ韓国の場合、労働組合の組織率は低く、しかも大企業に集中しています。彼らだけが現政権で我が世の春を満喫しているのですね。

    1. 労働組合に期待してはいけません。
      過去、仕事で労働組合の広報をした。
      けっこう勉強にはなったけど、
      知れば知るほど嫌いになった。

      彼らは、組合費を払うお客様のためにだけ動く。給料を踏み倒された。解雇されたので相談に乗ってもらえないか?と、電話を貰っても、組合員じゃなければ、
      口先だけは優しいけど、「うちのお客様じゃないから」と相手にしない。

      労働者の味方ではなく、あくまでも組合員の味方。組合員の賃上げとボーナスと、待遇改善の団体交渉が仕事で、
      本当に理不尽に困っている労働者の味方は(日本の場合)労基と社労士ですよ

  4. あと韓国人は、他の国の歴史を知らなすぎ

    古い時代を舞台にした、
    ロシア、ドイツ、イギリス、フランス、インド、イランの映画をみても、
    どこの国にも、貴族と貧しい使用人はいた。
    日本にも滅私奉公が美徳とされ、
    会社の命令にはどんなにひどくても耐えることが、常識とされた。
    今でも、働き方改革を批判する営業部長がいる。
    (若いときの苦労は買ってでもしろ。と、いいまして)と、どうみても若くはない40~60代のくたびれた従業員の前で得々と説教していた。
    (あなたのいう若いうちっていくつよ?と思いました)

    どこの国でも、労働者は理不尽に耐えていた。
    それを変えたのは、政治の力。
    エンゲルスは、社長の息子で、あるとき、
    自社の社員の子供の酷い暮らしぶりを知って、自己嫌悪に陥り悩んだ。カールマルクスに出会い、意気投合し、時には勝手にマルクスの名前を使って自説を新聞に投稿。マルクスを援助し続け、彼の死後に共著として(共産)を発行。
    共産主義者ってのは、貧乏人ではなく、
    金持ちの子供が、罪悪感からはまりやすい。
    貧困や理不尽から労働者をいかに救うか?日本を初めとした先進国が、
    政治を変えて、雇用者と労働者は対等であると、啓蒙した。

    政治家が先生と呼ばれるのは、まず
    これまでのみんなの意識、常識を変える ことが仕事だから。

    他国の先進国の努力の積み重ねを
    みないで、韓国のヤンバン意識うんぬん
    いったる時点で、努力なしに、
    19世紀から21世紀の文明国になれるか!

    と、呆れます

    1. そういえば、共産党の幹部はみんな高学歴ですね。親にそれだけの経済力があったからですよね。
      そしてマルクスやレーニンの本を読んだ。今の共産党ではあまりそういう古典は読まないようで、党の決定を読むことを重視しているようですが。

      1. 私はたびたび留置場にいれられ、取調べの刑事が、私のおとなしすぎる態度に呆れて、「おめえみたいなブルジョアの坊ちゃんに革命なんて出来るものか。本当の革命は、おれたちがやるんだ。」と言った。

        太宰治からの引用です。

        今と違って20世紀前半とさらにそれ以前は、学校はお金持ちじゃないと、
        いけませんでした。
        そして日本共産党は酷い学歴主義で、
        高学歴以外は幹部にはなれません。

        労働組合は社会主義で、共産党を敵と見なしています。
        働いたことのない苦労しらずのボンボンが、理想を並べて会社を憎み潰そうとする。
        冗談じゃない!会社が倒産したら、困るのは労働者だ。労働者にとっては自分の会社はとても大切な存在で、だから会社の利益も守ろうとする。会社が儲かってこそ、待遇がよくなる。
        共産主義者は会社と労働者の双方の敵だ!
        と、労働組合の中の人達が語ってました。

      2. 私も、マルクスとレーニンは、
        読んだことないけど、
        他人の要約と本人達の生きざまを知ると、時代に合わなすぎて、
        読んでも意味はないかと思いました。

        マルクスは(労働者が稼いだお金で、会社を経営し、その利益を労働者で分配できるなら、資本家も経営者も不要じやね?彼らの取り分を減らせば、労働者はもっと収入があがるんじゃね?)と、
        生活協同体系化を説いただけの人。
        革命反対の人です。
        フランス革命を批判し暴力、マリーアントワネットの処刑を批判。
        このため、フランス政府から憎まれ、国外追放。マルクスはイギリスにいくも、フランス政府はイギリス政府にイギリスも国外追放しろと要求。イギリス政府は拒否。マルクスは生涯働かず、エンゲルスの援助で極貧生活のまま、執筆活動をした人で理解者はエンゲルスただ1人。
        その死後にエンゲルスが共産論を共著で出して、後世に名を残した。で、
        その本のどこがマルクスでどこがエンゲルスの書いたものなのか?わならないそうです。

        1. ついでレーニンはマルクスとは正反対の人。暴力の信奉者。
          ニコライ二世の廃位で帝政ロシア崩壊。
          この廃位を迫ったのは、ロシア貴族の議会員達で、ケビンスキーが臨時政府の議会政治のリーダーになった時に、ドイツの秘密列車でスイスから、レーニンがロシアに連れてこられます。
          ソビエト(代表者による会議)を作ったのはケビンスキーです。農民、商人、兵士達1000人に1人の代表を選んで、意見をまとめてこいといった。
          レーニンはロシア国民を新聞の投稿記事で焚き付け、暴力革命で、貴族の議会政治を破壊しろ!と訴えます。
          ケビンスキーも他の貴族達も怖くなって
          国外逃亡。レーニンはニコライ二世の家族を窓のない白い家に監禁し、みずから
          コック、メイド、妻と子供達を全員銃殺。遺体の顔を硫酸で焼いて廃鉱の奥に捨てさせ、そのあとで貴族達を将校。
          でも平等の社会ではなく、ヒエラルキーの階層制度を作りました。
          農民を国営農場に強制移住と、強制労働を強いて、農民達との戦いを繰り返し、
          そのレーニンの治世で大変な餓死者をだします。強烈な恐怖政治を行った独裁者です。
          よって、レーニンの本は読む価値なし。
          ポル・ポトの本を読むようなものかと思います。

          1. 貴族達を将校。ではなく、処刑でした。
            第一次世界対戦中なので、貴族達は国外に逃げ出すも、祖国のために戻ってきて、ドイツとの戦争に復帰したそうですが、レーニンは貴族の将校達を捕らえて処刑。
            ドイツに降伏し、ロシアの多くの領土を
            ドイツ側に差しだしたそうな。
            レーニンは元々生粋のロシア人じゃないですしね

          2. 2019年4月22日
            洞口朋子さん、杉並区議に初当選。中核派の活動家としてYouTubeなど に
            (暴力で国民が政府と戦う)ことを肯定。
            マルクス・レーニンというけど、暴力による革命を批判したマルクスではなく、
            暴力による虐殺で、理想国家を作るレーニンの思想が現在では共産主義者に人気のようです。戦争は反対だけど、無抵抗の人を虐殺する、暴力による恐怖政治は肯定するんだよなぁ

  5. 日韓問題も加害者と被害者というフレームだけで、加害者も被害者も法の下に平等だという考えは全然ないですよね。

  6. つまり、事業主(経営者)に比べて労働者は卑しい身分であると、そういうことか。その感覚は日本人とかなり違うなぁ。そんなことでは真面目に働こうという意識が育たないのも当然だと思う。
    「まじめに働いて報酬を得ることは(その報酬の多少に関わらず)社会的に価値のある行為である」という意識は、日本だとおそらく禅宗に起源を有するものだと思うが、韓国にはそれがないのか?
    確か、プロテスタントもそのような意識が宗教改革の発端になったのではなかったかな?

  7. 韓国という国は、基本下の者は奴隷だと思ってる。だから財閥の主は派手な生活をして、通るときには大名行列を作り、ナッツリターンみたいな事を繰り返す。

    それで賃金が払えなくなれば、社長は資産を隠し、残った金を持って逃亡する。

    結局は、常識が中華圏のままなのですよ。

    1. 七誌さんへ

      それだけじゃないと思うよ

      ビジネスの世界は需要と供給
      日本でもバブル時代はどんどん
      給料があがり 、特に新卒の初任給があがり
      中小企業でも、週休2日制が広まりました。
      労働者不足で売り手市場だったためです。
      その後のバブル崩壊で、倒産企業続出。
      週休2日制を辞めてもとに戻す会社もあり、
      給料減額か、辞めていくか選べといわれた知人も二人います。

      景気がよくなれば、労働者の
      待遇がよくなり、優秀な社員はもっと
      いい給料の会社に転職します。
      不況になれば、他にいくところもないだろうと、待遇が悪化します。

      これはもう経済の原則。

      ここにいい悪いはない。
      だから、法律がいる。

      従業員には、突然辞めたり、
      ライバル会社に転職して
      前の会社の情報を売ることを禁止し
      雇用側には、横暴な態度や
      一方的な解雇、減額を禁止。
      退職金をだすとか、 労働者を守る。

      これは民度の問題じゃない。

      民度、モラルだけじゃうまくいかないから、法律がいて、それを守らせる
      行政がある。

      韓国は、法律だけ作れば、
      それでいいと思っているけど
      政府の本当の仕事は、作った法律を
      とれだけ国民に守らせることが
      できるかにある。

      七誌さんは認めたくないだろうけど
      これは日本の政府が、韓国政府に比べて
      ずっと優秀だということですよ

      1. 日本人が法律を守るのは日本人だから、政府は関係ない。

        韓民国人が法律を(守らないというより)法律を気にもかけないのは朝鮮人だから。

        島の政府が韓民国人類に輪をかけて法(条約・国際法律)を守らないのは嘘捏造背任横領朝鮮人の政府であり大統領だから。

        1. 行政が、失業保険を給付し、
          ブラック企業を取り締まります。
          私自身、過去倒産を理由に、
          お給料を踏み倒されたことが二回ある。
          2回とも給料日当日に、
          「みなさんにお支払いするお給料がありません」と、いわれました。
          最初の会社では、後から5万円だけ貰って、残りは遅配といわれた。
          泣く泣くすぐに辞めました。
          残りのお金が振り込まれることはなかった。
          次の会社もすぐに倒産。学習したので、
          給料の代わりに、パソコンをソフトがはいっているままでくれと頼んで、
          しばらくはフリーの友人から仕事を分けて貰って、しのぎました。
          バブル期の広告業界は、
          倒産件数約3割。

          倒産の嵐が収まってからは、
          落ち着きましたが、色々転々としました。
          で、証拠を揃えて、退職時に
          労働監督基準局に、ブラック企業だと
          訴えにいつたこともあるし、
          入ったばかりの会社が、ほんの数ヶ月前に、
          ブラック企業だと訴えられてて、
          業務改善中だったところもありました。
          そこの営業部長さんが、朝礼で
          「働き方改革反対!若い時の苦労は買ってでもしろ~」と、抜かしていた会社。
          もう若くはない人に、月144時間越えの
          残業をさせてて、半年前に退職した人達が、ろうきにチクって、改善指導中でした。

          行政がなんの仕事もしてないとか、
          日本人だから、約束を守るとか、
          夢みすぎ。

          もちろん守る会社の方が多いけど
          行政が怖いというのも大きいんですよ

          1. 日本の会社が給料を払えませんというのは、本当に払うお金がないからでしょう。
            韓民国の場合はお金があっても社長は会社のその金を手に(=泥棒)トンズラして労働者の賃金を踏み倒すとありました。

            れは人種の違いとしか言いようがない。
            日本人は法があるから泥棒しないんじゃない人を殺さないじゃない。泥棒したくないからしない、人殺ししたくないからしないだけ、法とは関係ない。

            本人は、法があろうがなかろうが支那人や朝鮮人のように朝鮮人を奴隷にしない、奴隷売買などあり得ない。

          2. 日本人はかっこつけで、そうしたほうが安全だと分かっていてもできない場合がある。
            そういうとき法律でやれときめられるとその日からころっとやる。

            嘗て私以外誰もシートベルトをしていなかった。
            誰もがシートベルトしたほうが良いと分かっていたが、皆がやらないからやらない。
            すれ違う車シートベルトをしていた車は一台すらなかたった。

            れが、法律でシートベルト義務化されたその日からすれ違う車という車すべてがシートベルトをしていた。あれにはあっけにとられたね。
            みんなシートベルトしたかったんだね。法制化がありがたかったんだろうね。
            日本人は、みんながやっているならやるという面もあるが、シートベルトしていれば死なずにすんだ事故がたくさんあったと分かるだけの知的レベルがあった。だから法制化で日本人全員がいっきにシートベルトをしだした。

          3. 労働基準局の職員が法に従って取り締まってくれるのは、その職員が日本人だから。
            支那朝鮮に限らず支那人(華きょう)が賄賂づけにしたアジアは、労働基準局もなにもかも法に従う前に経営者の賄賂しだい。。。内部告発があれば大喜び公務員の稼ぎどき…でしょ。
            我が国は法に基づいて公務員が動く、
            韓民国は公務員も法より賄賂優先の賄賂人種。
            また、半島は労働者(=奴隷)と経営者(=上位奴隷)という半万年の奴隷人種だから賃金不払いなど当然なんでしょうね。

      2. 眠り猫さんの言うことはおかしいです。

        わたしはそんなのはもちろん認めません。日本人が約束を守るのは、政府が優秀だからなんかじゃない。

        民度でありモラルの問題なのです。中華圏にはそれがないから、どんな制度があろうが中華圏であり付き合い難いのですよ。

    2. 七誌の常識も韓国や中国と同程度だがな。

      同類相憐れむか。

  8. 日韓併合の一つの成果「身分階級の撤廃」
    当時の日本政府は明治維新の経験を、
    朝鮮半島に引き写したのだろうと思う。
    けれど半島では、違う結果が出た。
    台湾と比較されるポイントでもあると思うけど、
    詰まるところ、下位互換か上位互換か?
    コリアンは上位互換こそが「当たり前(正義)」と
    受け入れた気がいたしまする。

  9. やっぱりこの国の基本理念は ”李氏朝鮮”ですね。
    両班と使用人。上下関係が最も重要な基準。

    民主主義や平等、契約、約束という概念は朝鮮人には無理だったのかも。
    これから日本や西側諸国から離れて行くに連れ、段々と収まる場所に戻って行くのでしょう。それが一番あの国が落ち着くんじゃないかな。

  10. あーあ
    自国民の労働者に対し精神的苦痛を与えているwww
    当然、未払い賃金の支払いと精神的苦痛の賠償金を支払われる権利は全ての労働者にあるんですよねwww

コメントは受け付けていません。