韓国「おかしい。GSOMIA破棄して1ヶ月が経つのに、日本はなぜびくともしない?」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

中央日報が、「GSOMIA破棄して1ヶ月が経つのに、日本はなぜ韓国が『再検討』を言い出す名分を与えないのか」という趣旨の記事を載せました。

「GSOMIAを終了(破棄)して、再検討の可能性まで示したのに、日本からは何の反応も無いし、米国から不満ばかりが強くなりつつある」、のことです。

なかなか文章にするのが難しい理屈ですが・・とりあえず、記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<先月22日、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了決定後、一ヶ月近い時間が流れたのに、日本はびくともせず、「GSOMIAカード」の実効性に対する疑問が政府の中でも広がっている。さらに、予想よりも強い米国の否定的な反応に、逆効果の懸念さえ出ている・・

・・(※韓国がGSOMIA再検討を言い出すのに)必要なのは名分なのに、日本が不動の姿勢である。「9.11内閣改造」で親政体制を構築した安倍晋三総理は11日、韓国に対する外交基調に関する質問を受けて、「微塵も変わらない」と答えた。韓国が動くスペースを最初から遮断したものである。

日本政府の事情に明るい国内の消息筋も、「日本は『GSOMIAはすでに終わった問題』という考えが優勢である。韓国が破棄取り消しをしてもしなくても気にしないという気流さえある」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190916171656919

 

いったい、どういう展開を期待していたのでしょうか。韓国は。

韓国がGSOMIAを破棄すると、日本がビックリして「悪かった。ホワイトリストにまた含めてやるから」とお願いしてくるとでも思っていたのでしょうか。

でも1ヶ月経っても微動もしない日本。なにかおかしいぞ、そんな雰囲気が政治家たちの間で『『『『いまさら』』』』広がっている、ということでしょうか。

読みながらも、引用しながらも、「本当に、いまさらこういう認識なのか」と妙な気持ちでした。

ツッコむ気にもならないし、なんか読んでいて頭の中が空っぽになってしまう、そんな感覚です。

 

ちなみに、再検討というのは、韓国側が主張している「日本が輸出規制(管理の見直し)を取り消すなら、再検討してもいい」のことでしょう。そのための名分となると、日本が輸出管理見直しを取り消せという意味になります。

 

 

 

 

※25日あたりから、しばらくの間、韓国からのアクセスを遮断します。いつまで遮断するかは未定ですが、とりあえず1ヶ月位を考えています。

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5