「韓国観光客が半減したのに、日本からの関係改善のメッセージが無い」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では、今朝あたりから「日本各紙が1面トップで『韓国観光客半減』を報道している」というニュースが溢れました。

基本的に、どれも「日本に勝った!」感が半端ない内容のものでした(いや、本当にそう書いてあるわけではありませんが)。

しかし、午後になって、記事にもよりますが、「観光客が半減したのに、日本はなぜ改善メッセージを送ってこないのだろう」なニュアンスが出てくるようになりました。どことなく、「GSOMIA破棄1ヶ月が経つのに、なんで日本は関係改善に乗り出さない?」のニュアンスと似ている気もします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ニュース1「韓国旅行客が半減なのに・・日本政府は『中・西洋観光客の訪問が増えた』」という題の記事から、部分引用します。

<日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は19日、日本を訪れた韓国人の数が急減した状況と関連し、韓国の観光客は減ったが、中国と西洋から来た観光客が大幅に増加したと発表した・・

・・菅長官はこの日、韓国に向けた特別な関係改善のメッセージは無しに、中国など他の国の観光客が増加した点だけを強調した。

菅長官はまた、日本政府の「2020年外国人観光客4000万人」を達成目標も変わらず推進すると強調した。彼は「来年の春には、羽田空港、成田空港、那覇空港の到着・出発便が増え、単純計算だけみても、外国人旅行者が600万人増加することになる」とし「政府は、様々な国からの観光客が来るように積極的なキャンペーンを実施する」と述べた。>

https://news.v.daum.net/v/20190919145245257

 

GSOMIAのときもそうでしたが、記事の書き方からして、「これで日本が関係改善を言い出すだろう」と大きな期待をよせていたことが、よくわかります。

すぐにでも菅義偉スポークスマンの口から「関係改善メッセージ」が出てくるだろうと、そう期待していたのでしょう。

この件も、◯ヶ月後には、「韓国旅行客が急減して◯ヶ月経ったのに、なんで日本は関係改善に乗り出さない?」と記事が載ったりするのでしょうか。

ブログのネタ探しという側面では助かりますが・・

 

日本が韓国に対して何度も指摘した内容ですが・・『韓国は、問題の深刻さが全然わかっていない』。

この記事からも、よくその問題点が伝わってきます。大統領の諮問機関からして、「日本が韓国の成長を恐れて、意地悪をしている」としか現状を把握できていませんから。

例え韓国観光客が0人になっても、韓国が『韓国の問題』を改善しないかぎり、日本が関係改善を求めることはもう無いでしょう。形式的な対話の場を不定期に行うことならあるかもしれませんが・・・

 

 

 

※25日あたりから、しばらくの間、韓国からのアクセスを遮断します。いつまで遮断するかは未定ですが、とりあえず1ヶ月位を考えています。

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5