「文政府は韓国を『国家』ではなく『民族』という観念で運営している」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

1つ前のエントリーと同じく、ソガン大哲学科チェ教授の主張から、今回は「民族と国家」に関する部分を紹介します。

2つだけ補足しますと、まず、キム・ウォンボン(金元鳳)氏のことが出てきますが、彼は韓国で起こっている「親北でも反日したから英雄だよ!」な流れの象徴のようになっている人物です。大してやったことも無い人なのに、韓国では「原爆が無かったら、日本は金ウォンボンに滅ぼされただろう」という雰囲気になっています。

もう一つ、「自由を消そうとする」は、文政府が憲法「自由民主主義」から自由の字を消し、「民主主義」だけにしようとしている方向性のことです。北朝鮮は、「民主主義」を掲げていますが、「自由民主主義」とは絶対に言いません。

それでは、さっそく引用してみます。あと、本文で言う民族というのは基本的に「韓民族(朝鮮民族)」のことになりますが、言うまでもなく、自民族優越主義と繋がっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<(※取材記者の質問)国が国家運営システムで管理されておらず、民族の概念と混同されて運営されているという意味ですか。

「はい。金元鳳叙勲(※独立有功者認定のこと)とか、憲法で「自由」という概念を消そうとしている試みが、国家と民族の観念を混同している事例として表ます。叙勲とは、大韓民国政府が行うことです。大韓民国に害を及ぼした人は、叙勲の対象ではありません。しかし、民族を中心に置いて考えると、金元鳳に叙勲をやっても良いと考えることができます。そうなれば、憲法と法律に基づいて国民の安全と利益を確保する排他的存在集団である国家の存立基盤とアイデンティティが、揺れてしまいます。

 

国は法律で管理されますが、民族は、法律で管理されている対象はありません。見方にもよりますが、民族は想像の共同体です。想像の共同体を中心に置いて、現実である国を見るようになると、国家のアイデンティティが揺れ、国家運用の方向に大きな混乱を招くしかありません」・・>

http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2019091801031630121001&w=ndl

 

「『国家』として見ると成立しないことでも、『民族』として見ると成立する」事例・・韓国の憲法から「自由」という字を消すことがその一例となっています。そして、同じく「国家より民族」の事例として、反日(キム・ウォンボン)が出てきたことは、2つが繋がっていると見ていいでしょう。

現政権の「抗日」の影に潜んでいる、もう一つの側面であります。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5