「文政府は韓国を『国家』ではなく『民族』という観念で運営している」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

1つ前のエントリーと同じく、ソガン大哲学科チェ教授の主張から、今回は「民族と国家」に関する部分を紹介します。

2つだけ補足しますと、まず、キム・ウォンボン(金元鳳)氏のことが出てきますが、彼は韓国で起こっている「親北でも反日したから英雄だよ!」な流れの象徴のようになっている人物です。大してやったことも無い人なのに、韓国では「原爆が無かったら、日本は金ウォンボンに滅ぼされただろう」という雰囲気になっています。

もう一つ、「自由を消そうとする」は、文政府が憲法「自由民主主義」から自由の字を消し、「民主主義」だけにしようとしている方向性のことです。北朝鮮は、「民主主義」を掲げていますが、「自由民主主義」とは絶対に言いません。

それでは、さっそく引用してみます。あと、本文で言う民族というのは基本的に「韓民族(朝鮮民族)」のことになりますが、言うまでもなく、自民族優越主義と繋がっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<(※取材記者の質問)国が国家運営システムで管理されておらず、民族の概念と混同されて運営されているという意味ですか。

「はい。金元鳳叙勲(※独立有功者認定のこと)とか、憲法で「自由」という概念を消そうとしている試みが、国家と民族の観念を混同している事例として表ます。叙勲とは、大韓民国政府が行うことです。大韓民国に害を及ぼした人は、叙勲の対象ではありません。しかし、民族を中心に置いて考えると、金元鳳に叙勲をやっても良いと考えることができます。そうなれば、憲法と法律に基づいて国民の安全と利益を確保する排他的存在集団である国家の存立基盤とアイデンティティが、揺れてしまいます。

 

国は法律で管理されますが、民族は、法律で管理されている対象はありません。見方にもよりますが、民族は想像の共同体です。想像の共同体を中心に置いて、現実である国を見るようになると、国家のアイデンティティが揺れ、国家運用の方向に大きな混乱を招くしかありません」・・>

http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2019091801031630121001&w=ndl

 

「『国家』として見ると成立しないことでも、『民族』として見ると成立する」事例・・韓国の憲法から「自由」という字を消すことがその一例となっています。そして、同じく「国家より民族」の事例として、反日(キム・ウォンボン)が出てきたことは、2つが繋がっていると見ていいでしょう。

現政権の「抗日」の影に潜んでいる、もう一つの側面であります。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

“「文政府は韓国を『国家』ではなく『民族』という観念で運営している」” への98件の返信

  1. >『国家』として見ると成立しないことでも、『民族』として見ると成立する」事例・・韓国の憲法から「自由」という字を消すことがその一例

    これについては簡単な話で、韓国の憲法は誰のものなのか?ということですね。
    韓国民のものなのか?韓国政府のものなのか?漢民族のものなのか?

    いずれにしても今なら金正恩委員長は「俺のものでも北朝鮮のものでもない」って言いそうですが。

  2. 朝鮮独立騒擾史論
    著者 青柳南冥 著
    出版者 朝鮮研究会
    出版年月日 大正10

    国立国会図書館デジタルコレクションで朝鮮研究会の方達が
    朝鮮の歴史を8人の韓国の方達と共に調べ書いています。
    韓国の方達に読んで頂きたいです。

  3. あ、ぶっちゃけ、いまの日本にいる在日連中も、国よりも民族を大切にする傾向が強くてどうにもならないと思っている
    いまの時代、コリア系日本人がいようが
    チャイナ系日本人がいようが、アフリカ系日本人がいようが
    それは受け入れるしかない事はわかるが
    日本に来て七十年もなるのに、日本を許さないだの
    韓国を悪く言うのはヘイトだのとか言っている連中が日本に居座ってくれるのは、正直、鬱陶しいだけだ
    帰化して日本国民として生きると誓ってくれるのならともかく
    そうでないなら、さっさと帰国して欲しい

  4. 朝鮮部落ですな
    一言で言うと

    (・∀・)部落ってのは関東東北と関西では
    全く意味が異なるので注意が必要だったりしますw
    では、私こと祐はどちらの意味で言っているのでしょうか
    (ヒッヒッヒッ)

    >キム・ウォンボン

    ほんと、亀甲船ではあ~りませんが
    韓国だけで通用する英雄(嘲笑)、事項には事欠きませんねw
    それだけ歴史の重みが軽石並って事なんでしょうw
    秀吉の朝鮮侵略(大嘲笑)でも一杯ですが
    朝鮮戦争なんて名も知らぬ韓国の英雄で溢れかえっていますねぇ
    実際は旗立て要員だけの筈なんですけどねぇ(呆れかえった目線)

    韓国と韓国人の事を真面目に研究して
    馬鹿にしない人物なんてハッキリ言って
    精神どこか病んでますよ

    1. みんぞくとは

      部族(国家になりえない小さな集団)とも血族(血縁のある集団)ともまた、異なり
      (おれたちは他のやつらとは異なるという、共有意識を持つ排他的集団)なのだそうです。

      集団を形成する条件は、血縁でもなく、
      生活、生計をともにしているものでもなく、
      仲間意識と排他的思想をともにしているかどうかだけ。
      その集団に共感できるかのみ

      なので、とてもご都合主義に、
      できているそうです。
      北と南は、そうゆう民族主義で
      結ばれているので、簡単に敵にも味方にもなるわけです。

      部落はそれでも運命協同体であり、
      生活協同体ですからね。
      民族よりは結束が強い。
      民族なんて、なんの実態も伴わない、
      ただの思い込みなのです。

  5. 多かれ少なかれ「民族」という概念が強いのは韓国・朝鮮人で共通ですよ。
    なぜか分からないけど、日本人は「民族」と言われてもピンとこないばかりか、その言葉に嫌悪すら感じることも。なんか閉鎖的な匂いがするんだよね。

  6. >>「文政府は韓国を『国家』ではなく『民族』という観念で運営している」
    運営というのは、多かれ少なかれその組織なりなんなりを機能させる意思あってのものですから、『国家』であれ『民族』であれ、どのような観念を持とうが、韓国を機能不全に陥れようとしているムンムンが韓国を運営しているとは言い難いんですけどね。

  7. 朝鮮人の民族主義に不気味さを感じる。どこ見ても朝鮮人には誇れる特性が無い。なんでも人のせい、自意識過剰、嘘つき、恨の民族。もう朝鮮ノーベル症の季節だ。

    1. 民族紛争は今でも世界中で起こっているけど、↑の様な民族は珍しいよね…

コメントは受け付けていません。