シンシアリー埼玉県民説

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

雑記のような何か、です。

最近「~~に行ってきました」というエントリーがほとんど無いのは、家から近い場所で遊ぶことが多くなったからです。遊ぶというか、美味しいもの食べて、いっぱい歩いてくるだけの日もありますが。

観光客だった頃は、やはり観光地目当てで動くことが多かったですが、日本で住むようになってからは、行動パターンが変わりました。別に日本の観光地が嫌になったわけではありませんが、わざわざ人が多い有名観光地まで行かなくても、電車で1時間かからない範囲で様々な「楽しいこと」を見つけることができるようになったからです。また、温泉・銭湯めぐりはかなり力を入れています。

最近は、なぜか埼玉県によく行ってきます。そういえば、昔は「シンシアリーは実は女性で埼玉県民」というギャグがありましたが(笑

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本の「様々な楽しいこと」の中でも、特にシンシアリーが感心しているのは、各種公演・イベントが多いことです。1つの大きなイベントではなく、好きな人が興味を持って見に来る中~小規模のイベントが、飽きないほど開催されます。全てが家の近くというわけではありません。別の区だったり市だったりしますが、電車で30分距離の場所。半日あれば、十分遊んでくることができます。

人が少ないので、レナの写真も撮りやすいです(こちらもまた、ブログでは紹介できませんが)。

 

ただ、規模もそこそこあって広く人気を集めているイベント・公演だと、例えば木下大サーカス東京公演などは、人も多いしチケットもすぐ売り切れになるので、ちょっと手強い(?)です。そんなとき、あえて「プラス30分~50分」覚悟して、千葉県か埼玉県での同じ公演を選ぶことが多くなりました。

旧ブログだった頃、キッコーマンアリーナでボリショイサーカスを見て「埼玉に行ってきました」と書くミス(千葉でしたw)もありましたが・・あのときも、東京公演を避けて、千葉公演を見に行ってきました。

今年は、見たいと思っていた2つの公演、「木下サーカス」と「ディズニー・オン・アイス」を、偶然、ともに埼玉で見ました。今度は間違いなく埼玉県です。パンフにもそう書いてありましたし(笑

シンシアリーはサーカスが大好きです。でみ、韓国ではあまり公演が無く、あるとしても結構時間がかかる場所(家から遠いわけではないけど、渋滞などで時間がかかりすぎる)での公演だったので、サーカス公演をちゃんと見るようになったのは、日本に来てからです。

ディズニーは、いつも同じことを思いますが、「演出」の勝利です。本当によく出来ているな・・と感心しました。

 

そうそう、昨日、秋葉原に行って献血をしましたが(1年に1回はします)、献血の方が「最近、日韓の間がスムーズじゃないし、何か心地悪いとか苦しいこととかありませんか」と心配してくれました。

もちろん、私にはそんなことはまったくありません。

そもそも秋葉原に行ったのも、この前レナの化粧のときにアドバイスをくれた某店の方にちゃんと礼を言って、レナの秋ドレスを買うためでした。要するに全力で遊んでいたわけです。

もちろん気遣いは感謝極まりないことですが、「何か苦しいこととか無いのか」はちょっと大げさな気もします。日韓関係が悪い、悪いというニュースが多いせいでしょうか。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5