文大統領、支持率回復・・って、何かやりましたっけ

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

文在寅氏の支持率が、なぜか前週より3.3%上昇した、とのことです。

どうやら、米国との首脳会談が上昇要因だった、とのことですが・・なにかやったことありましたっけ?引用してみます。

<ムン・ジェイン大統領の国政遂行支持率が大幅に反発した。韓米首脳会談と国連総会の演説など、韓半島の平和外交の影響と分析される。チョ・グック法務部長官の自宅押収捜索など、検察の捜査のために支持層の集団反発による結集効果も一部作用したものと解釈される。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

世論調査専門機関リアルメーターがtbsの依頼で実施した9月4週平日集計(23〜25日)で文大統領の国政支持率が9月3週集計比3.3%ポイント上昇した48.5%(非常に良い30.6%、良い方17.9%)を記録したと26日、明らかにした。 40%後半に、相当幅上昇したのだ・・

 

・・今回の反発は今週、米国ニューヨークで開かれた韓半島の平和外交と無関係ではないようだ。文大統領は22日、米国を訪問しドナルド・トランプ、米国大統領と首脳会談で北朝鮮の非核化方案について議論した。また、3年連続で、国連総会に出席し、基調講演で、韓半島の非武装地帯(DMZ)を国際平和地帯に作ろうと提案し、国際社会の支持を要請した。

リアルメーター側は「韓米首脳会談、国連総会の演説など文大統領の訪米平和外交に影響だ」と説明した。・・>

https://news.v.daum.net/v/20190926093009235

 

平和経済、平和外交・・はいはい。

でも、本当にあの会談、演説で支持率が上がるものでしょうか。

個人的には、記事の最初の部分にある「チョ・グック氏自宅の家宅捜索」に対する反作用である・・という分析のほうが、説得力があると思っています。でも、調査機関の分析などには、この話は出てきません。

 

韓国の国内は、全然平和じゃありません。チョ・グック氏に対して、文大統領及び与党支持者たちが「チョグックを守れ」「私がチョグックだ」などスローガン作って騒いでいます。

「上がった分を、どうやってでも文大統領の政策が支持されていることにしたい」という願望のもとで、「会談や演説のおかげ」と無理な分析を出したのではないか・・そんな気もしますが、証拠はありません。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5