韓国紙「日本は、韓国軍との衝突を誘っている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国ではウンヨホ(雲揚号)事件と言いますが、江華島事件というのがありました。朝鮮半島で測量作業中だった日本の軍艦「雲揚号」が、朝鮮の江華島周辺で朝鮮軍の砲撃を受け、交戦したことです。

朝鮮軍が勝手に攻撃した可能性は考えず、韓国では「日本が朝鮮半島侵略のための名分として、わざと攻撃を誘った」としています。もちろん、根拠はありません。

昨日お伝えした防衛白書のことで、韓国がまたウンヨホ事件を言い出しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<戦争が可能な普通の国を夢見る安倍晋三総理の野心が、度を越しています。根拠が不明確な安保上の理由から韓国をホワイトリスト(戦略物資輸出管理優遇国)から除外して経済攻勢を取り、今回は軍事行動に出るための名分を積んでいます・・

・・安倍総理主導で行われている一連の韓国叩きの過程を振り返ると、日本は多分、韓国との強対強の衝突を望んでいるのかもしれません。

過去日本が大東亜共栄圏という名分のない論理で侵略戦争に進出するときに使用した手法も、他国との偶発的な衝突を誘導するものでした。

 

1876年、朝鮮侵略のきっかけとなったウンヨホ事件(江華島事件)も日本の自作劇という評価があります。ウンヨホは、予告なしに江華島沖に姿を現し、朝鮮軍は、主権国家として自国の領土を侵犯した外国軍隊に警告射撃を加えるしかありませんでした。しかし、日本軍は朝鮮軍が先制攻撃をしたとし、江華島を武力で占領、朝鮮侵略の橋頭堡としました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190928100443153

 

「この話、どっかの心の曇った人が書いているブログで読んだ」と思われる方も多いでしょう。

レーダー照射事件のときにも、ニュース通信社ニュース1がまったく同じ主張をしていました。「韓国軍からの攻撃を誘っている」と。

 

韓国側は、日米が共助を強化する動きがあると、ほぼ間違いなく「第2の桂・タフト協定だ」と言います。日本が「防衛」を言い出すと、ほぼ間違いなくウンヨホーウンヨホーと騒ぎます。

何かのマニュアルがあるのかもしれませんが、それ以前の問題。

頭の中が、100~150年前に固定されているからです。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5