韓国紙「日本政府が焦っている!」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日とまったく同じ趣旨のエントリーになります。

二階俊博自民党幹事長は「日本がもっと大人になって譲れるものは譲ろう」と発言しました。

そのことで、今度は(昨日の日韓交流祭りのことも記事に書いてありますが、それに加えて)二階幹事長の発言を主に伝えながら、中央日報が「ほら、韓国人観光客急減はかなり効いている!」な記事を載せました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

こういう内容です(直訳)

・彼(※二階氏)が積極的な両国関係の改善を主張したことは、「韓国内の日本製品不買運動、日本旅行を避ける動きに起因する交流断絶、これによる日本経済への直接的な打撃が理由だ」という観測が出ている

・韓国の観光客の減少に西日本の地域経済はぐらぐらだ

・観光客の減少と関連して、日本政府は、表面上は「他の国の観光客が増えて大丈夫」と平気なふりをしているが、内部的には戦々恐々としてしている

・首相官邸内の事情に明るい日本の報道機関の幹部は、「首相官邸内の穏健派である菅義偉官房長官の場合、当初「両国の人的交流と経済交流に決定的な影響があってはいけない」という条件を前提に韓国の輸出規制強化に賛成したと聞いている」、「予想を超える韓国の反発に日本政府もかなり驚いている」と語った

・日本政府内に「このままではいけない」という世論が拡大していることは事実だ

https://news.v.daum.net/v/20190929110655789

 

昨日の件もそうですが、今回もまた、政治的所信表明、または単なる「好意」による発言だったかもしれません。

しかし、韓国はそんな好意や所信を、そのままの意味で受け取ったりしません。本記事のような展開になり、さらにNO JAPANを強化するだけになります。「相手に『言質を取った』と思わせるだけ」と書けばいいでしょうか。果たして、これは二階氏や赤羽氏が望んでいた展開なのでしょうか?

それが韓国の「愛国」だからです。それ以外の受け取り方をしてはいけないからです。なぜなら、それは韓国の「売国」だからです。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5