韓国野党、また基金案を提案・・さらに悪化した内容

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

もう基金と聞くだけで頭の中でキキーンと音がしそうですが、また基金案エントリーです。

ブログにも、拙書「今韓国で起こっていること」にも書きましたが、いわゆる基金案の類は決して受け入れてはなりません。

一見「よし、私が負けてやるよ」のように見えるけど、実は核心、この場合は「日本の戦後賠償処理は終わっていない」という韓国の主張に大きな攻撃の隙間を与えてしまうからです。

前は1+1+αという基金案でしたが、今度は野党側から2+2という基金案が出てきました。さらに悪化(退化?)した内容になっています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓日両国政府と企業が共同で出捐し、日本に強制徴用被害者の資金を調達する「2+2」案が推進される。新しい協議案で両国対話の扉を開けるという趣旨で、現政権が先に進めていた「1+1(両国の企業)」案に、両国政府を追加した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190929180549171

 

自由韓国党の案ですが、「基金を出捐する主体に両国政府を追加」「両国が協力することを国家の責務として明記」など、とんでもないことになっています。

前にも書きましたが、基本条約の請求権協定を読んでみると、『完全かつ最終的に解決』のフレーズは有名ですが、『何が』完全かつ最終的に解決されたと書いてあるのか、それが重要です。『国家(政府、法人、個人)の間の請求が』完全かつ最終的にオワタ、となっています。

だから、両国企業(1+1)を入れるだけでも(例えそれが自発的なものだとしても)その基本条約の趣旨に大きく反することになるのに、

そこに韓国政府(1+1+α)を入れたり、日本政府を入れたり(2+2)するのは、さらに基本条約を真正面から違反することになります。

 

方法は1つ。『韓国政府』が国際法違反状態(請求権協定違反状態)を是正することだけです。企業は関係ありません。

「なぜ」基金案がだめなのか、韓国側はまったく理解していないようです。理解していないのか、それとも理解してはいけないのか・・・

さらに驚きなのは、これが、日韓共同で作られた案だ、ということです。詳しくは8月のエントリーをお読みください

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5