韓国与党の「改ざん放射能地図」、続報です

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前にもお伝えした、「韓国の与党が、日本の放射能関連で改ざんしたデータを公表している」件、やっと韓国でも記事が載りました。

まず、1つ前のエントリー(楽韓WEBさんから引用したもの)、未読の方はお読みください

ニューシースの記事ですが、本ブログとしては珍しく、全訳します。

<共に民主党が最近2020年の東京オリンピックスタジアム周辺の放射性物質検出量を表示した「放射能汚染地図」を公開したことと関連し、日本国内のある団体が「その情報は、私たちが提供したもので、事実と違う」と抗議したと、産経新聞が1日報じた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この団体は、福島第1原発事故を契機に、東京都と16の県での土壌汚染調査を実施している「みんなのデータサイト」で、この団体はSNSを介して、9月27日、民主党議員に「事前連絡なしに事実と異なる測定値の情報が公開され、団体の信頼性を損なわれた」と抗議した。

先に、民主党の「日本経済侵略対策特別委員会」は、9月26日に記者会見を開き、福島第1原発を中心に放射能汚染が同心円状に広がっている様子の地図を公開した。

民主党が公開した地図には、宮城県の宮城スタジアムなど、来年の東京オリンピックが開催される競技場5ヶ所の放射性物質の数値を表示しています。

産経は、民主党が公開した地図に表示された数値が「みんなのデータサイト」に公開された資料を引用したものと伝えた。

民主党が公開した資料によると、福島市にあるあづま球場周辺の土壌では、1㎡当たり205万ベックバレル(㏃)相当の放射性物質が検出された。しかし、新聞は「みんなのデータサイト」の今年の調査によると、この地域の放射性物質は、14万Bqたと主張した。

これと関連し「みんなのデータサイト」の阿部浩美共同代表は、産経側に「あづま球場の数値は、桁がひとつ違う」とし「(民主党が)私たちが測定した数値を変調して発表したもので、名誉毀損だ」と主張した。>

https://news.v.daum.net/v/20191001123330899

 

「みんなのデータサイト」側は、9月28日の「お知らせ」で次のように述べています。

<・・みんなのデータサイトで、この報道内容を確認したところ、公表されている地図およびオリンピック会場とされる地点の放射能の値について、実際に私たちのサイトのいつの時点の、どの地点のデータを使ったのか、合致する数値を見つけることができませんでした

また公表されている地図についても、みんなのデータサイトが公開している「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」の地図とは大きく異なっています・・>

https://minnanods.net/blog/entry-1421.html

 

ニューシースのソース記事のコメント欄は、「それでも日本の数値よりは正確だ」など、事案をまったく理解していないものばかりです。

共に民主党が公表した時、「これは日本の『みんなのデータサイト』が測定したものだ」としながら公表しました。でも、その元ソースのところで、この数値は違うと言っているのです。

事案を理解していないのか、理解してはいけないのか。この「~ないのか、~いけないのか」は、韓国の反日関連の全ての事案に当てはまるものかもしれません。

 

扉絵の評判が悪過ぎで(満足)、極端に違う方向性のものに変えてみました。

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5