韓国、ある「合意」を徹底的に守る!

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

去年9月19日、南北は軍事合意を結びました。その中には、軍事境界線付近で無人機を飛ばさないという内容もありましたが・・それが意外な結果になりました。

中央日報の記事、部分引用します。

<昨年9・19南北軍事合意締結により、軍最大規模の対空射撃場の訓練が全面中断された。 9・19の軍事合意の飛行禁止区域の規定に基づいて、標的機(※対空射撃訓練のターゲットとされる無人機など)を飛ばすことができなくなったからだ。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

軍当局が国会国防委員会所属イ・ジョンミョン自由韓国党議員に提出した資料によると、江原道にある陸軍「マチャジン射撃場」の対空射撃訓練は、昨年10月の終わりに、全面的に中断された・・

・・919軍事合意が締結された時には、軍内部ではマチャジン射撃場の対空射撃が中断されることは予想していなかったという。 919の軍事合意は、軍事境界線(MDL)5㎞以内砲射撃を禁止しているが、マチャジン射撃場はMDLから11.5㎞離れたところに位置しているからだ。

しかし、対空射撃時に飛ばさないといけない標的機が問題になった。標的機を無人機として見た場合、ここで標的を飛ばす行為自体が、919の軍事合意違反に当たるという意見が提起されたのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20191002050116617

 

これ、ミスではなく、意図的なものじゃないでしょうか。

軍事境界線付近での対空射撃訓練がストップとなると、北朝鮮としては大喜びでしょうし。

余談ですが、北朝鮮がMDL周辺で無人機を運用することはほとんど無いため、韓国側だけが損をしたという指摘もあります。

どの道、こういう「合意」は徹底的に守る韓国でした。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5