日本不買運動、小康状態に? 専門家「日本製以外では満足できないと分かったのかも」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

まだまだ具体的なデータは無し、という前提でエントリーします。

今月に入ってから、「日本不買運動が、小康状態になったのではないか」という指摘がありました。

「~じゃないか?違うかな?」な消極的な記事が多かったですが、今日、イーデイリーが「どう見てももうピークは過ぎたんじゃね?」な記事を載せましたので、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・去る7月から始まった日本製品不買運動が、三ヶ月近く長期化し、不買運動の代表的なターゲットであったユニクロ製品の不買も多少静かになった。一部のユニクロ商品が完売、オフラインの店舗でもお客様が増えつつある・・

・・この日、シャツを買うためにユニクロを訪れたソン某(25)さんも、「不買運動が始まった頃には、気になって店に入ることすら出来なかったけど、今ではユニクロへの関心が減ったようで、店に来た」、「秋服を新調しようと思う」と述べた・・

・・ただ、客たちは、日本不買運動を相変わらず気にする様子だった。 「不買運動でユニクロを買わないという声がある」とする記者の質問に、50代の中年男性は、「そのようなこと聞かないでくれ」と答えを回避した・・

 

・・イ・ウンヒ、インハ大学荷消費者学科教授は、「日本製品の代わりに、他のブランドの製品を消費した市民が、その製品から満足感を得られなかったこともあるだろう」、「好みや趣向など、消費に直接影響を与える要因が、愛国心(ボイコット)を圧倒したかもしれない」と説明した。

また、「日本の態度の変化が見られないという、疲労感も作用したと分析される」、「しかし、日本の不買が全国民的な運動だっただけに、日本製品の消費が不買運動前のレベルに回復するとは思えない」と予想した。>

https://news.v.daum.net/v/20191003110314814

 

イ・ウンヒ教授の指摘、面白いですね。「満足感」「疲労感」。確かに消費において重要なキーワードです。

SNS上の「日本不買」関連書き込みが、一時の10分の1になったことなど、日本不買運動の小康状態化を示すデータが無いわけではありません。

でも、繰り返しになりますが、まだまだ具体的なデータは出ていませんし、「実際どうなのか」より「どこまで騒ぐのか」が日本不買運動の意味でもありますから、まだまだ分かりません。

重要なのは、韓国で日本製の売上が回復しようがしまいが、「それは問題解決にならない。的外れにも程がある」と言うスタンスを、日本側が維持することでありましょう。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5