Far (火)、a long long way to run~

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

外交部が、文在寅政府の信頼を完全に失い、大統領府の人たちの言いなりになっているのではないか、とも思えるニュースがありました。

キム・ヒョンジョン次長という人を、ご存知でしょうか。大統領府国家安保室第2次長です。

8月に「朝鮮半島の平和のために、いままでの日本は邪魔だ」と話したことがあるし、GSOMIA破棄のときには「日本が(GSOMIA破棄のことで)韓国に国家レベルの外交的欠礼を犯した」と話した人です。

でも、もっとも有名なのは「GSOMIA終了により韓米同盟は一段とアップグレードした」かもしれません。

そのキム次長さんが、話題になっています。外交部の書記官を叱りながら跪かせたり、外交部長官に(英語で言うと)「F◯ck」なんとかと言ったりした、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・良からぬ話の多いキム次長がここまで力を行使できるのは何故でしょうか。チョン・ウィヨン国家安全保障室長の存在感が弱いという評価とともに、猪突的なキム次長のスタイルが、ムン・ジェイン大統領の信任を受けているという話が出ています・・

・・カン・ギョンファ外交部長官の「無能」議論は前からありました。韓米同盟が弱体化し、日韓関係は破綻しでも、外交部長官は何も言えなくなって久しいです・・

・・主導権を握ったキム次長は、カン長官に大声を浴びせ「F」字が混ざった悪口までした、という報道も出ました・・>

https://news.v.daum.net/v/20191005102227402

https://news.v.daum.net/v/20191004103107245

http://news.tvchosun.com/site/data/html_dir/2019/10/05/2019100590093.html

 

そういえば、一時『反日女戦士』とまで言われたカン・ギョンファ氏、最近は全然ニュースがありませんね。

ちなみに、カン・ギョンファ長官もこれといって何も言ってないし、跪いたという書記官も「自分で自発的にやった」と話している、とのことです。

民政首席(チョ・グク氏)をここまで無理して法務部長官にしたのもそうですが、文在寅氏って、「自分の人」で全ての部(省)や庁を支配しないと気がすまないのでしょうか。

イ・ジェミョン市長もチョ・グク首席もそうでしたが、過激な反日発言が目立つ人ほど、実は裏でものすごくFなことをしている・・

これはこれで、何か法則ができそうな気もします。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5