「日本にロイヤリティを払わない」は「愛国」なり?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ある地域のある果物が人気で、地域経済の役に立っているとします。その果物が記事になったなら、普通、どんな題になるのでしょうか。「努力」とか「味」とか「持論」とか「マーケティング」とか、もっとも力を入れて紹介している部分が、題になるでしょう。

韓国では、洪川(ホンチョン)という地域の「合格リンゴ」という林檎を紹介する記事が、こんな題になっています。

「日本にロイヤルティーを一銭も払ってない愛国リンゴである」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

『日本にロイヤリティ一銭払ってない洪川合格リンゴ・・愛国リンゴとして人気』

<・・(※台風にも)洪川リンゴは落果被害を受けていないことが分かった。

また、洪川合格リンゴ品種はフジで、2011年の導入以来、品種保護期間の25年が経過したため、今まで日本に一銭のロイヤリティも支給せずに栽培されて、地域経済にも大いに役に立っている・・

・・最近、一部のメディアでは、今後10年間、果樹種子を購入し、そのロイヤリティとして8000億ウォンを日本など外国に支給することになると推定しているが、洪川合格リンゴは栽培にかかる農薬、肥料をはじめとする農資材も日本にロイヤリティを払わないことが明らかになった・・>

https://news.v.daum.net/v/20191006091550839

 

「払うべき分も払ってないのでは」とものすごく疑心暗鬼になるところですが、法律的、契約的に払う必要が無かったのなら、払う必要は無いでしょう。

でも、問題は「考え方」です。

「日本にロイヤリティを払わないのが愛国だ」とするこの考えがあるかぎり、韓国のロイヤリティ泥棒たちは、少なくとも日本に対しては「ちゃんち払わないのが愛国」という名分を持っていることになります。

ちゃんとロイヤリティを払う人たちは、「日本に金を払った。なんて悪いことをしたんだ」と苦しんだりしているのでしょうか。

そんな人たちと契約したところで、契約をちゃんと守るはずもなく。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5