文大統領、チョ・グク氏事態にコメント(※告知だけ追記)

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近、チョグク氏関連で支持派と不支持派に分かれてそれぞれ左派と右派の大規模集会がありました。

支持派は、基本的に検察改革を支持する派で、チョグク氏こそその適任だと主張し、文在寅大統領を強く支持しています。不支持派は、チョグク氏には検察改革の資格も力量も無いとし辞任を要求しており、さらに文在寅大統領の退陣を要求しています。

そんな中、ついに文在寅大統領が見解を明らかにしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「国民の多様な声を厳重な心で聞いている」

「チョ・グク賛否陣営間の極端な対立を懸念している」

「意見の相違が対立の溝に落ちるのは望ましくない」

「検察改革に力を入れていく。政界・政府・検察はもっと改革の速度を出さないといけない」

https://news.v.daum.net/v/20191007161922336

私の心が曇っているだけかもしれませんが、

「対立を心配している、両方の声を心して聞く」と言っておいて、結論は一方的に左派(チョ・グク支持派)の主張と同じになっている・・・気がします。

 

各種調査で、チョ・グク氏が法務部長官をやめるべきだとする意見のほうが、このまま法務部長官を続けるべきだとする意見より、5%位は多いと出ています。

でも、またまた邪推ですが・・

文大統領がこのままチョ・グク氏を守り続けて、次の大統領選挙でチョ・グク氏が共に民主党の候補となると、氏の支持率は結構高くなるかもしれません。

右派が「チョ・グクだけはだめだ」と言ってここまで騒いでいることは、左派からすると「じゃ、チョ・グクで行くのがもっとも効果的だ」ということになります。韓国ですから。

特有の「レミング現象」もありますし・・

とにかく、いまのところ、文在寅氏がチョ・グク氏を手放すつもりはまったく無いように見えます。それは、文氏にとっては凶と出るのでしょうか、それとも吉と出るのでしょうか。牢屋行きと出るか、老後安心と出るか、とも言えます。

 

お知らせだけ追記します。

8日(火曜日)、夕方まで更新できません。前もって告知できなくて申し訳ありません。

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5