韓国側の記事にあった、「『慰安婦は売春婦』は学問の自由にあたいしない」のいくつかの論拠

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

イーデイリーが、「慰安婦は自発的売春だったという主張も、学問の自由なのか」という記事を載せました。

はっきり言い切ってはいないけど、「学問の自由の範囲に入れてはならない」という論調が強い内容です。

記事の中でもやはり人際目立つのは、パク・ユハ教授の「帝国の慰安婦」の判例です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、見出しの部分だけ紹介すると、こうなっています。

・「学問の自由を保証しなければならない」との主張も一部ではある

・学界では「学術的価値のない意見」と指摘している

・「実証主義」を強調しているが、根拠が制限的すぎる

・学問の自由は、被害者の名誉毀損のときには制限されることも

 

「慰安婦は売春婦」が学問の自由ではない論拠として、記事は関係者たちの言葉を引用する形で、こう述べています。

「各種統計と数値を示し、慰安婦強制動員は嘘だと主張する人がいるけど、『統計や数字がそのまま真実を表すものではない』」。

前に、韓国には70年代から「併合時代の文献は、文化そのものを現していないから研究する価値が無い」とする主張があったとお伝えしたことがあります。それと同じ流れだと見ていいでしょう。

「実証の根拠として提示される文書と数値は、植民地支配を正当化という枠組みの中で作成されたもの」という主張も、結局は「どんな資料が出てきても、私たちは慰安婦の証言だけを信じる」とする韓国社会の『文化』をそのまま表しています。

また、「安倍政府の策略(河野談話無力化など)と内容が同じだ」というのも、論拠になっています。チョ・グク氏が主張した「愛国か、利敵か」のような分け方です。

 

最後に、やはりもっとも破壊力があるのは、判例です。朴裕河(パク・ユハ)教授の著書「帝国の慰安婦」の「慰安婦は自発的売春」という内容が、裁判で学問の自由として認められなかったことです。1審では「広く議論されるべきだ」となっていましたが、2審でひっくり返り、本の修正および9000万ウォンの罰金となりました。まだ最高裁判決は出ていません。

https://news.v.daum.net/v/20191007072203147

 

データの塊であった「ザ・ニューコリア」の韓国語版が、韓国でなぜ何の影響力も得られずにそのまま消えていったのか。それがよくわかる内容でもあります。

「信じたいことだけを信じる」は、他人に迷惑かけないならそれでいいかもしれません。でも、「私の信じたいことだけをお前も信じないといけない」となると、ただの精神テロです。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5