盧武鉉「やめろ」KBS「はい」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

盧武鉉財団の理事長であり、文在寅大統領との親しい(凄く親しい)仲であるユ・シミン氏が、日本でいうとNHKのような放送局である韓国のKBSの報道内容に、文句を言いました。後で詳述しますが、チョ・グク氏に不利な内容です。

すると、あら不思議。

KBSが「外部の人たちも入れて真相調査団を作る」「チョ・グク氏関連取材班を変える」と発表しました。法曹関連記者たちも全員排除された、とのことです。

盧武鉉氏の残留思念、強すぎます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ユ・シミン盧武鉉財団理事長が、KBSがチョ・グク長官の家族の資産管理人であるキム・ギョンロク氏とのインタビューを報道しながら、発言の趣旨を歪曲したと重ね批判し、KBSが追加の立場を出しました。

その追加の立場というのが、外部人事が参加する調査委員会を作って真相を調査することと、チョ・グク長官関連捜査の件は既存の取材チームはなく、別の取材チームを設けるというものでした・・

・・法曹チームを管轄している社会部長は役職を辞任する意思を明らかにし、(※KBS)内部の掲示板に、当時キム・ギョンロク氏インタビューの中で、チョ・グク長官の既存の発言と相反する証言が出て、報道しただけだと明らかにしました・・>

https://news.v.daum.net/v/20191010202219524

 

朴正煕氏のこともそうですが、「左右に分かれる」「極端な二つに分かれて対立する」という韓国社会の特徴は、単に「生きている人」だけに適用されるものではありません。

盧武鉉氏本人はもうこの世にいないのに、盧武鉉という名前を自分の力にしている「民間」財団の理事長が、がここまで強い影響力を及ぼすとは。盧武鉉氏ってこういうやり方はあまり目立たなかったような気もしますが。

ご先祖様から末裔まで、全員が「上」になるか「下」になるか、現在の世代が代表として戦っている・・そういったところでしょう。

KBSの記者たちは強く反発しているとのことですが、さて、これといって出来ることがあるのでしょうか。

 

 

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5