チェ・スンシル氏、儚い反撃?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「朴槿恵氏に手紙を書いてはならない」など違法的な制限を受けたとして、チェ・スンシル氏が教導官(※刑務官)を告訴しました。

これといって意味があるとは思えない行動ですが・・

記事を引用してみます。

<「国政壟断事件」の核心被告チェ・スンシル氏が「朴槿恵前大統領に安否の手紙を書く機会と、リュ・ヨヘ前自由韓国党最高委員との面会を剥奪された」と、自分が収監された刑務所の関係者を検察に告訴した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・チェ氏側の弁護人は「キム氏(※刑務官)がチェ氏に『朴前大統領に手紙を書いてはいけない』、『リュ前最高委員とも面会してはならない」などを余儀なくされた」とし「これを拒絶した場合、面会時に拘置所職員を同席させるなどの不利益を与えると言われた」と説明した。

続いて「キム氏は、チェ氏に『上から指示が下ってきた』とした。不法な指示を下した人が誰なのか徹底的に調べ真相が究明されなければならない」と述べた。

特にチェさんは弁護人を介したメッセージで「リュ最高委員を介して真実を知らせることが、彼らには邪魔のようだ」とし「今、チョ・グク法務部長官の家族を守る人権という言葉が、なぜ朴前大統領と私と私の家族には該当しないのか」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191011151519667

 

「私は被害者だよ」が有利な立場を占める作戦でもある韓国。AとBが「Bが悪い」「Aが悪い」と叫び合って、調べてみるとAも悪くBも悪い、というオチになることが多い韓国社会。

チェ・スンシル氏もまた「被害者」攻撃をしかけた可能性もあります。

でも、いまこんなことをする理由があるのか?と考えると、妙な話でもあります。特に、「今、チョ・グク法務部長官の家族を守る人権という言葉が、なぜ朴前大統領と私と私の家族には該当しないのか」は、言いたくもなるでしょう。

チェ・スンシル氏が牢屋行きになり、朴槿恵大統領が弾劾されて・・私は日本移住プロジェクト(?)が本格化し、「朴槿恵と亡国の民」の原稿を書いていたあの頃。

「これで何もかもうまくいく」と信じていた人たち、いまはどうしているのでしょうか。

 

 

10月11日、しばらくコメントが出来ない不具合がありました。

出来ることを全部やってみたら、最後の最後に出来ました。.htaccessファイルの問題だったようです。

長いコメント書いて無駄になった方々、本当に本当に申し訳ございません。

 

※新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中です!発売後すぐに重版が続き、情報ライブミヤネ屋でも紹介されるなど、おかげさまで話題になっています。本当にありがとうございます※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(8月2日発売)です!

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること。そこには、韓国には無い、平等という価値観がありました。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中です。私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、神様関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5